セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

第3回東尋坊愛のマラニック103km(その2)

   
 走り始めてしばらくは東進。昨夕立ち寄ったサークルKの前を通過。三国運動公園を過ぎた辺りで進路を南へ。
 やがて最初のエイド「農協三国支店」が見えてくる。ここで5.8km。スポーツドリンクを一杯頂き、すぐに走り出す。
 早朝の空気はいたって爽やか。やっぱ北陸だなあと実感する。奈良や京都の朝に較べ、かなり涼しい。
 
 その後芦原街道を少し南下してから、左折。昨日乗ったえちぜん鉄道の踏切を東へ渡った所が12.5km地点の「下兵庫農協倉庫」エイド。プチトマトやバナナを頂戴する。
20140522130655b4d.jpg
 今回103kmの部出走者は三百人程度。ある程度予想はしていたが、もうこの辺りからかなりランナーがバラけ始めている。あと10kmも進めば、自分の前後にランナーの姿がちらほらという状態になるだろう。さらに進むと、それこそもう個人的にジョギングしているのと大して違わない状態に…一抹の不安が頭をよぎる。コース誘導の矢印を見落としはすまいか? 脇道に迷い込んでしまわないか?(この危惧が後に現実となることを、知る由もない私であった)

 それはさておき道なりに東進し、JR北陸本線の踏切を渡り、国道8号線の地下道をくぐると、そこにはもう丸岡城の姿が。
2014052213073927a.jpg
 お城を右手に見ながら少し行くと、おおっ、ちょこぷりん! ついさっき、東尋坊で踊っとっただけやないか。ワープでもしてきたんか? おまけにそのゆるキャラはなんや? 丸岡城やから「まっきー」か? あっ、勝手に命名したら怒られるか。
20140522130819afb.jpg
 そんないちびったことを考えながら19.4km地点の「丸岡城エイド」で素麺を啜る。めんつゆの程良い塩気が五臓六腑に染み渡る。旨い、美味のオンパレード。
201405221308555f8.jpg
 その後北陸自動車道の下をくぐると、しばらくの間南進。
 25km地点「JAカントリー」エイドの少し手前では、沿道で応援隊が手を振って迎えてくれる。ありがたくハイタッチ。この辺は見渡す限り田んぼが広がり、景色の変化に乏しい。それ故に応援隊を配置してくれているのだろう。心配りに感謝。
201405221309387f8.jpg
 越前福井はただいま田植えの真っ最中。用水路では澄んだ冷たそうな水が轟々と流れている。
 奈良→京都→近江→越前と電車の車窓から田んぼの様子を見てきたが、一枚の面積はやはり越前の平野部が桁違い。とにかく、だだっ広い。そのただ中を大型の田植機やトラクターが小動物のように進んで行く。あまりにも広いがゆえ、大型の機械さえそのようにしか映らない。それと水田が区画整備され、集約されている。これだと植え付けにせよ収穫にせよ、作業効率も高いことだろう。
20140522131015c3c.jpg
 そんな田園地帯を脱け、九頭竜川沿いに東進すると、31.8km地点に「若鮎グループ販売小屋」エイドが見えてくる。
 おばさんたちが拵えてくれた「木の葉寿司(鱒)」を頂く。旨い。三つも食してしまった。ついでに小豆のでっちようかんも。
20140522131052f43.jpg
 陽が高くなり、けっこう暑くなってきた。それでも適度に風が吹き、三週間前に走った水都大阪の淀川河川敷に較べればまだまだ快適。
 35.9kmエイド「勝山上水道センター」を過ぎ、やっとこさ40km「上森川白山神社」エイドへ到着。同じ白山神社でも、まだ折り返しの「平泉寺白山神社」でないあたりがもどかしい。
 みかんやパイナップルの入ったフルーツサイダーを頂きながら、男のランナーさんと立ち話。「あかんあかん、こんなペースじゃ先が思いやられるわ」その方の言葉にまったく同意。遅すぎるの逆、飛ばし過ぎなのだ。
 只今スタートから四時間ちょい経過。これではフルマラソンペースを少し遅くした程度。今回はファンランすると決めていたのにこれじゃあいかん。
 気分を切り替えて再スタート。神社の出口付近に地元住民の方々の姿。手には大会プログラム。我々のゼッケンを見てプログラムで名前を調べ、「頑張れ~○○さん!」と口々に叫んでくださった。これにはかなり胸が熱くなった。ほんま、ありがとう。
20140522131155ebe.jpg
 45.5kmの村岡(むろこ)公民館エイドを過ぎると、いよいよ左手には勝山市「越前大仏」の大仏殿が。レース中なので拝観するわけにもいかないが、ここまで来てなんだか惜しい気も…。まあいずれ観光で来るとしよう。お楽しみにとっておきます。
2014052213130399a.jpg
 さあ、折り返し点の平泉寺白山神社まであと一息。その直前に標高差200mを駆け上がらないといけないことは、コース高低表を見て以前から十二分に覚悟しております。とか何とか言っとる内に、そろそろ息が荒くなってきました(笑) ああっ、脚が鉛のように…。
 (その3に続きます)
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/103-b5d8de90
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。