セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

板チョコ

   
 スマートホンの機種変更のため、何年かぶりにドコモのお店へ行ってきました。
 これまで使ってきた機種が5インチを越すサイズで、防水性が無いタイプなので、この際4インチクラスの防水タイプに変更することに。
 何気なく購入した当初は便利に思えた5インチスマホも、永らく使っているとやはりそのサイズが手に余るように感じてきました。スマホとは言え、基本は「携帯電話」なのですから「携帯性」が最重要で、機能その他は二の次ということにようやく気付いたわけです。
 そんなこんなで「小さなスマホ」を求めてお店へ行ったのですが、ニーズが少ないのでしょうか? 棚には「大きなスマホ」のオンパレード。お目当ての4インチスマホは肩身が狭そうに、ぽつりぽつりと列べられているばかり。「少なッ!」選択肢の狭さに思わず唸ってしまいました。

 それでもしばらく店内をうろつくと、4インチジャストの機種が別のコーナーに。「おお、我が理想!」と手にとって喜んだのも束の間、実はそれは「iphone」なのでした。
 むむ…別に林檎印でも構わんのだけれど、これ、防水モデルが無いのよね。というわけで除外。しかし巨大スマホ全盛の中にあって、このコンパクトさは捨てがたい。後ろ髪を引かれる思いで、再度Androidのコーナーへ。

 一つだけ思わずにんまりするサイズが見つかったものの、それは「ジュニア向け」だったりして、なかなか上手く事が運びません。さんざん悩んだ挙げ句、4.5インチサイズの一年前発売の機種に決めました。本体価格も安かったものですから。LG製のoptimus itというやつの黒で、ただ今取り寄せてもらっている最中です。まあ現段階では、この辺りが最良の選択かなあと思っています。しかし、あの頭の痛くなるような料金体系だけはなんとかならんでしょうか? 複雑怪奇にもほどがあります。

 にしてもスマートホン全盛時代になってから、買い替え時の「ワクワク感」が無くなりました。ドコモで言うmovaやFOMA全盛期(とりわけmovaの頃は)は、各メーカーがしのぎを削っていて、端末のフォルムにも各社各様の個性があり、眺めているだけでも楽しかったものです。それが今では、国内海外のメーカーを問わず端末の外観は揃って「板チョコ」ですから。ガーナやルックチョコレートの包み紙でくるんでやろうかと思いますもの(笑)

 グローバル化=個性の消失と言われたりしますが、こういうことなんかなあ…と、ふとスマホの棚を前にして思った次第です。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/109-8651ca05
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。