セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

合掌

   
b0161171_2248387.jpg
 先月の話です。日課にしているジョギングのコースの途中にあった飲食店が、突如閉店されました。私のジョギング歴がおよそ七年。お店はそれ以前からあったと記憶しています。今や風景の一部でした。

 「従業員募集中」の貼り紙が掲げられた直後の閉店だったので、尚更奇異に感じました。某牛丼チェーンのようにアルバイトが集まらなくなってやむなく……そんな裏事情を想像したりもしました。

 常連というわけではありませんでした。年に一度か二度、気まぐれに休日の昼食に利用する程度の関係で、店長さんがどんな方なのかも良く知りませんでした。お店はそこそこ繁盛している様子で、店内の活気もあり、廃業の気配は微塵もありませんでした。

 そしてまさかの閉店から半月……今月に入ってある筋から、「夜逃げ」との情報を得ました。噂の類でなく、確実な情報です。
 困窮されている様子が皆無だっただけに、これには少し驚きました。想像になりますが、お店とは別のところ(例えば株とか、先物取引とか)で失敗し、資金繰りに行き詰まる、というパターンだったのではないでしょうか。まあ外からは内実など解る筈もないのですが…。

 衝撃の事実を聞いた翌日、ジョギングの途中で足を止め、私はお店の入口に佇みました。この時初めて気付いたのですが、お店の入口のドアには一枚の貼り紙がしてありました。
 「お客様各位 長年のご愛顧ありがとうございました。誠に勝手ながら~」紙には油性のマジックで閉店する旨が、きちんと記されていました。私は、あっ、と思いました。

 夜遅く、人目を忍んで店を去る店長さんの姿が頭に浮かびました。そして去り際に、貼り紙に向かって、祈るような気持ちで合掌、一礼する店長さんの後ろ姿をはっきりと見たような気がしました。この時店長さんの脳裏では、数々の常連さんの顔や、かつてのスタッフさんの顔までが出現と消滅を繰り返していたに違いありません。

 最悪の結末を迎えたにもかかわらず、お客さんへの「感謝と別れのメッセージ」を残して去られた店長さんの心に、私も思わず胸中で合掌しました。

 口では良い言葉を連ねながら、お客はカモ、従業員は消耗品としか見なしていない企業が今の日本には溢れているように思います。そんな企業は大手であろうが中小であろうが、夜逃げという事態になればメッセージなど残す筈はないのです。

 顔も名前も知らない店長さんではありましたが、いずれまた、どこかで再起されることを祈っております。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/116-ec03841f
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。