セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

オヤジ賛歌

   
8tuki.jpg
 雨ばかりでおおよそ夏らしくない八月が終わろうとしています。
 私は花札が好きでスマホにも「こいこい」のアプリをダウンロードしたりなんぞしておるのですが、八月葉月の札といえば「芒(すすき)に満月」。真っ赤な夜空に浮かぶ白くでっかい月。このシンプルにして見事なデザインを見るにつけ、ああ…八月生まれで良かったなあ、などとしみじみ思ってしまうのです。
 私が死んだら棺桶には、他には何もいらないので、この「葉月の札」一枚だけ入れてほしい…そんな風にさえ考えています。

 それはそうと先日、電車の中で、隣のおじさんが着席するなりガラケーを取り出したかと思うと、何やら熱心にボタン操作を始めました。完全な親指オンリーのテキパキした動き。ガラケーならではの格好良さです。
 そうなると何をしていらっしゃるのか気になるのが人情というもの。悪いなあと感じつつも、ついつい横目で窺ってしまいました。

 おじさんが興じていたのはなんと「脱衣将棋」。グラフィックの水着ギャルを脱衣させる為に、おじさんは駒を進める度に長考に長考を重ねます。高が携帯ゲームと笑うなかれ。真剣勝負のただ中です。
 それだけして勝ったところで、「いや~ん」とかなんとか言いながら、荒い画像のカクカク娘が布を一枚外す程度なのですが、それでも全身全霊で挑まねばいられないおじさんの姿に、なんだか胸を打たれてしまいました。スマホでなく、ガラケーでそれをやっている点が、得点二倍の格好良さなのです。

 「来るなら来い!」二次大戦中のレシプロ戦闘機の操縦桿を握りながら、最新鋭のステルス・ジェット戦闘機に真っ向勝負を挑んでいるおじさんの姿が、ふと頭をよぎりました。ホーミングミサイルなど搭載していなくとも、機銃だけでも「まだまだいけるぜよ」の世界です。テクニック一つでいかんともしがたいハードの性能差を埋め、挙げ句には逆転勝利を引き寄せてしまう、これぞオヤジの心意気です。
 この瞬間、私を含め、おじさんの周囲にいたスマホ野郎どもは、時代の先端から一気に田舎者へと変貌を余儀なくされ、輝きを失ったのでした。

 久々に「イケてるオヤジ」を目の当たりにして、これではいかんと「イテてないオヤジ」の私はうろたえました。イケてるオヤジになるために、帰宅後、現在の花札アプリを削除して、「脱衣花札」をダウンロードすることも考えたのですが、それをあのおじさんのように公衆の面前で、堂々とやることが、この私に可能なのか?
 自問自答の末、結局アプリの入れ替えは諦めました。
 「いつまで若いつもりでいるんや。ええ加減にせんかい」
 もう一人の私がそうあざ笑うのを、忸怩たる思いで聞くことになろうとは……まだまだオヤジとして発展途上ですね、この私は。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/130-4983eaab
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。