セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

強行軍

   
 丹後ウルトラまで残すところあと一週間となりました。
 ぐずつきっぱなしの近畿地方の天気も、来週の火曜日あたりから安定しそうで、今年の丹後はもしかすると理想的な情況での開催となるかもしれません。予報の通りだと、最高気温は25~27℃、降水確率も低そう。灼熱地獄はひとまず回避できそうで一安心といったところです。

 通常ウルトラマラソンに参加する際の楽しみの一つに、前泊して色々な県から参加されている見ず知らずのランナーさんたちと、ワイワイガヤガヤ飯を食うことがあるのですが、丹後に限っては、宿代節約のために夜行バスを利用します。つまり当日の夜中に現地入りするわけです。今大会から京都駅発のコースが新設されたので、それを予約しています。

 前日の23時過ぎに京都駅を出発して、午前3時に会場の網野着。受付を済ませ、慌ただしく着替えて、午前4時半の100kmの部のスタートに間に合わせるわけです。
 こうして文章にするだけで、息苦しくなってくるほどの強行軍です(>o<)

 バスに乗車すると当然のことですが、皆さんすぐに就寝されます。雑談もほとんどありません。とはいえ、熟睡など出来るはずがないのです。寝るまねをしているだけです。
 会場到着の少し前に、簡単な朝食が配られます。お世辞にも広いとは言えないシートで、パンやバナナをそそくさと食します。そんな時間に大して食欲も湧かないのですが、無理にでも食べておかないと後々後悔します。
 もうこの時点で、身体のリズムは大きく狂い始めます。海外旅行の「時差ボケ」に近い状態です。一日がかりの過酷なマラソンを前にして、こんなことで良いのか?という疑問が湧いて当然のハードスケジュールですが、頑丈な胃腸と、雑な神経さえあればなんとかなってしまうのです。まさに私向きです(笑)

 にしても、せっかく海の幸に恵まれた土地へ行くというのに、味気ないもんです。着いてすぐに走り出し、ゴール後間もなく帰りのバスに乗る…「走りに行く」とはまさにこのことです。
 マラソンコースの途中にある間人(たいざ)の漁師町の風情など、通過してしまうには惜しいほどで、レース後一泊したいのは山々なのですが、まあこういう場所へは、後日マラソン抜きでゆっくり訪れたいと思います。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/132-935208d9
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。