セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


ミッション・コンプリート2014

   
IMG00025.jpg
 先日の丹後をもって、今年のウルトラマラソン挑戦も幕を閉じました。
 合計・三大会。結果は以下の通り。

 ◎水都大阪100kmウルトラマラニック 10時間46分09秒
 ◎東尋坊愛のマラニック103km 12時間49分07秒
 ◎歴史街道丹後100kmウルトラマラソン 13時間00分36秒
               (タイムはいずれもグロス)

 まあ例の如く、ぱっとしないタイムのオンパレードとなってしまいましたが、結果はともかく、怪我も故障もなく、こうして完走メダルが三つ揃ったことは、何にしてもめでたいこっちゃ。家族を始め、ありとあらゆる万物に感謝感謝です。自分が故障しなくたって、身内に不幸事が起きたりなんかすれば、間違いなくDNSなわけですから。

 どの大会も良かったけど、やはり印象深いのは「東尋坊」ですね。初出場で、全てが新鮮だったこともあるんですけど、コースアウトの挙げ句に土地勘のない場所を、20km近くさまよい続けた体験は、忘れようにも忘れられるものではありません。
 所持金もほとんどなく、スマホも携行していなかったもんですから、もうレースなど続行できる状態ではなかった筈なんです。けど、なんとか無事、正規のコースに戻れてしまったんですね。あれは奇跡でした。普段はあまり神仏など意識しない罰当たりなんですが、あの時ばかりは……しかも、そこそこのタイムでゴールイン出来てしまって、これまた不思議。DNFを覚悟していただけに、本当に幸運でした。

 なので三つのメダルの内、真ん中の「東尋坊ハート」には愛着ひとしおです。ピンクで、オヤジには皆目似合わない代物なのですが、余計なお世話です。ほっといてください(笑)

 「東尋坊愛のマラニック」はまだ生まれたてで、知名度も低く、規模も小さいんですけど、近い将来、絶対に人気大会になりますよ。コースアウトして泣きべそをかいた私がそう思うんですから、間違いありません。スタッフさんとの親しい距離感、温かみのある運営などなど、悪い印象は何一つ残っていませんもの。

 来年は四月終盤の「奥熊野韋駄天ウルトラマラソン」に初挑戦してみようと考えているのでどうなるかわかりませんが、東尋坊にはまた絶対にお世話になることでしょう。第二の故郷「村岡」に次いで、第三のふる里になりましたから。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/141-845cb984
<< NEW | TOP | OLD>>