セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

マラソン難民回避

   
 篠山ABCマラソンのエントリーも無事終了し、これで今マラソンシーズンの出走予定も確定しました。やれやれといったところです。
 私の周囲でも東京や大阪、神戸、泉州、京都、姫路城マラソンといった抽選制のマラソン大会にターゲットを絞った挙げ句に全滅し、今シーズンのフルマラソンを諦めたという例がちらほらと見受けられます。昨今マスコミでも取り上げられている「マラソン難民」というのが、まさにこれです。

 篠山のエントリーにしたって年々シビアになりつつあります。私が走り始めたおよそ七年前には、師走に入ってからも定員に満たずに二次募集をかけていた篠山が、今では半日そこらで埋まるようになってしまいました。とは言え、奈良マラソンの「五分で満杯」に較べれば、まだまだ余裕を持って申し込める状態なので幸いなのですが。

 マスコミなどでは「マラソン難民」と大ざっぱな表現をしていますが、数あるハーフマラソンは定員割れしているところも多いですし、フルマラソンにしたって京都木津川マラソンのような陸連未公認コースの大会は、満杯になるまで一月近くかかっている状態です。
 つまり「難民」とは、正確には「フルマラソン難民」、さらに厳密には「都市型フルマラソン難民」のことを指し示しているわけです。

 私が今期出走するのは、先日終わった「あいの土山」「福知山」「京都木津川」「篠山」の四大会なのですが、内、木津川を除く三大会は皆陸連公認コースの大会で、その点においては大阪や神戸などと何ら遜色はないのですが、都市部を走れないというだけでエントリー殺到とまではいかないようです。土山、篠山に関しては、制限時間の短さもネックになっているのかもしれません。
 私のような「ローカルな大会で充分」と思っている者にしてみれば、これらの大会のお蔭でフルマラソン難民にならずに済んでいるので、もう感謝としか言いようがありません。

 欲を言えば師走の頭くらいに近場で、木津川マラソンのような比較的安価な未公認フルマラソンが出来てくれれば申し分ないのですが……まあそれは贅沢というもんですよね。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/153-b2d36724
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。