セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

トレーニング専用シューズについて②

   
 前回の続きになります。
 私の求めるトレーニングシューズの三点、①重量、②ミッドソールの硬度、③ラストのストレート度合、の内、①②を充たしている靴はけっこう存在しているような気がします。有りそうで無いのが③の靴で、この点はもうある程度セミカーブのラストで妥協するしかありません。完璧なストレートラストの靴なんて、それはもう走りにくいわけですから、普通に考えればそれほど売れるものじゃないのです。メーカーも注力しません。

 ③はほどほどで我慢するとして、では数あるランニングシューズの中で①②を充たしているモノから、如何にして最良の一足を選ぶかが問題ですが、私が買うのはセール品オンリーなので、おのずと選択肢は限られてきます( 。-_-。)
 アシックスならGT-NY、ゲル・カヤノ。ミズノならウェーブライダーかインスパイア。アディダスならボストン、といったところでしょうか。この内ボストンはパス。練習用としては少し軽すぎます。
 「やはり、困った時はアシックスか……」と、この二月までGT-NYユーザーだった私は、福知山マラソンのステップスポーツで現行のGT-2000NY2を手にとって、びっくりしました。
 軽い! これは片足300gを切っているでしょう。私が愛用してきたGT-2140、2150、2160は330gくらいあったので、この軽量化には仰天しました。いつの間にこれほど変化したのでしょう? やっぱ日頃から、買う予定はなくてもチェックしておかないといけませんね。そしてミズノのライダーは、それにもまして軽い! もうレース用としても充分通用するほどの軽量化がはかられていました。

 その軽さに驚きながらもGT-2000NY2の踵部分を眺め、自分がなぜ2160から2170へ乗り換えなかったかを思い出しました。そうです、2170から踵部のゲル(衝撃緩和材)が剥き出しになってしまったからなのです。
20141206142536682.jpg
 2160までは踵のゲルが鳥籠の中から顔を覗かせているような状態で埋め込まれていたのですが、2170から完全露出となり、現行モデルまでそのパターンが踏襲されています。
 この「剥き出しゲル」の何が不安かと言えば、「着地時の(外側への)傾き」です。
 無論、私は素人なので、これは「素人考えの不安」であり、メーカーさんには失礼なのかもしれませんが、私以外にも下図のように思われた方はいらっしゃると想像するのですが……。
20141206142608e8b.jpg
 GT-NYの土踏まずの下辺りには「デュオマックス」という素材が搭載されており、周囲のミッドソールよりもその部分だけが硬く造られています。これは疲労による内側への足首の倒れ込みを防ぐための機能なのですが、踵外側のゲルが剥き出しになったことで、着地の度に上図の矢印のような力が働き、外側に傾いた着地(図の黄色ラインのような角度)になりはしないでしょうか?

 2160のようにケージに閉じ込められたゲルならば、着地時に変形するゲルを鳥籠の柱がある程度抑制することが可能なのですが、その柱をすべて取り払ってしまったのでは、ゲルが変形し放題になってしまうのでは……。
 「素人に何が解る」と言われれば、「すいません」と謝るしかないのですが、このように思われた方、いらっしゃいません?
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/162-5afd7576
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。