セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

苦戦覚悟

   
 いよいよ明日は京都木津川マラソン・フルの部出走!
 
 昨日は大陸から張り出した寒気+低気圧の通過で、あわや積雪か?、とひやひやしましたが、なんとか雨だけで済みました。今日一日でマラソン会場の草内運動公園の土もある程度乾き、去年のような半水田状態での開催は回避できるかと思います。その点については、本当に良かった。足元がぐちゃぐちゃだと、出走以前に、着替えの段階から気が滅入りますもんね。

 とはいえ天気予報では、明日も引き続き、京都南部は低温で、風の強い状態とのこと。降水確率は低いものの、快晴というわけでなく、時折雲に覆われ、雪が舞うような一日になるかもしれません。

 フルマラソンの場合はある程度飛ばすので、少し寒いめくらいが好都合で、良いタイムが出やすいことも経験上わかっているのですが、難しいのは出走前の水分補給ですね。
 飲み過ぎるとスタートして間もなく、仮設トイレに駆け込む羽目になってしまいますし、かといって飲まないわけにもいかないし、本当に難しいところです。
 これまで色々なフルマラソンを走ってきましたけど、そこら辺の案配は未だによくわからないというのが正直なところです。
 でも木津川の場合は、出走前の水は、ある程度セーブしておいた方が正解なのかもしれません。整列する場所も冷えることですし、コース上にさほどトイレが設置されているわけでもないので。

 それと明日は、もうほぼ百パーセント、冷たい北風に翻弄されると考えておいて間違いはないかと思います。
 よって追い風部分は、スタートから南の折り返し点までの約10kmと、北の折り返し点からゴールまでの約10kmで、残りのほぼハーフマラソンに匹敵する距離は、絶えず強い向かい風に抗いながらの前進となります。
 木津川マラソンは時期的にも、毎回このような風向きが多いのですが、これがまたツラいんですわ、目は開けづらいわ、鼻水は出るわで(>o<) おまけに堤防の上でレースが展開するので、風除けになるものが何一つ無い。これがまた輪をかけてツラい。

 フルマラソン絶頂期には、奈良や篠山や泉州で3.5時間切りを果たしていた私も、木津川のフルではまだ一度も三時間半を切れていません。別にこれといったアップダウンも無いコースなのに、楽に走れた記憶が全くない。出場回数から言えば一番多い大会なんですけど、毎度悪戦苦闘しています。難しいコースです。その時その時の気象条件によって、かなり左右される大会と言いますか、要するに「出たとこ勝負」で行くしかないということですわ(笑)

 明日も例によって、苦戦は覚悟の上で出たとこ勝負をかけます。そしてどうにか完走し、熱々のうどんを湯気と共に啜らせてもらいます。その瞬間のためだけに、毎年このくそ寒い時期に出走しているわけですから。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/178-5bd3b277
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。