セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

奈良に美味いもん有り

   
IMG00180.jpg
 「奈良に美味いもん無し」と昔からよく言われますが、奈良に生まれ育った私も、これまでの人生で、常々さもありなんと感じてきました。

 漬け物にしても奈良漬けより野沢菜なんかの方が好物ですし、そもそも九州の親戚なんかは奈良漬けを贈ってもあまり喜ばない。どうせなら別の物が欲しいと言う始末。要するに癖が強いので、万人受けしないわけです。
 三輪素麺にしたって、私はラーメンやうどん、もしくは蕎麦より美味しいと思ったことはありません。ご当地麺というなら、むしろ名古屋のきしめんなんかの方が好きだったりします。

 奈良の美味いもんを強いて挙げるとすれば、「滝田揚げ(たったあげ)」でしょうか。ファストフードの「チキンタツタ」は滝田揚げをハンバーグの替わりに挟んだもので、本来は斑鳩の里を流れる滝田川周辺が起源の、鶏肉のから揚げのことを指します。でもまあ、これを奈良の名物と言って良いものかどうか……あの程度の美味さなら、全国至る所にあるように思えてならないのです。

 ですが先日、仕事がらみで使った大和料理店で、この齢にしてついに、「奈良に美味いもん有り」と胸を張れる一品に出会いました。それが写真の「茶飯(ちゃめし)」です。コース料理の仕上げに、「茶粥と茶飯、どちらにいたしましょう?」と訊かれたので、迷わず未知の食い物である(笑)後者を選択したところ、こいつが大当たりでした。
 見た目は極めて地味な、華々しさに欠けるこの御飯の美味いこと×2……プライベートの食事なら、間違いなくお代わりを、しかもどんぶり鉢で頼んでいたことでしょう。

 その場では店員さんにあれこれ質問するわけにもいかず、大和料理の店で出たのなら、奈良の郷土料理に違いないと思い、帰宅してから調べました。
 するとやっぱありましたよ、「奈良茶飯」という食べ物が。要約すると、以下のようになります。

 「少量の米に炒った大豆や小豆、焼き栗、粟など保存の利く穀物や季節の野菜を加え、塩や醤油で味付けした煎茶やほうじ茶で炊き込んだもので、しじみの味噌汁が付くこともある。
 元来は奈良の興福寺や東大寺などの僧坊において、寺領から納められる、当時としては貴重な茶を用いて食べたのが始まりとされる。
 本来は再煎(二番煎じ以降)の茶で炊いた飯を、濃く出した初煎(一番煎じ)に浸したものだった」

 ……なるほど。焼き栗や粟は入っていなかったけど、味噌汁は間違いなくしじみでした。私の食べたのは、やはりこれだったわけです。昆布だしが使われていると感じたのは、どうやら気のせいだったようですね。

 にしても本当に美味かった。この美味さ、もしかすると齢を重ねたからこそ解るようになったのかもしれません。二十年前に食べていたら、さほど感動もしなかったように思えてなりません。今までグルメなどとは縁遠い生活をしてきましたが、そんな無粋な野郎にも、ようやく年相応の味覚が、遅蒔きながら備わってきたということでしょうか。そうだったら嬉しいのですが。

 しかし地元に、こんな美味いもんがあるとはつゆ知らなんだ。でも、吹聴するのはこの場だけにしておきます。下手に周囲の人間に吹聴して、「何を今更。知らんかったんはお前だけじゃ」と切り替えされると、それこそ赤っ恥ですから。゚(゚´Д`゚)゚。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/184-f1a74a6e
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。