セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

三國志救出戦

   
PhotoGrid_1425964855770.jpg
 二月の初旬、外出先で気まぐれに立ち寄った中古書店のゲームコーナーで、プレステ2のゲームソフト「三國志戦記」と「三國志戦記2」がそれぞれ二百円程度で販売されているのを見かけました。

 コーエーから十年くらい前に発売されたこの両作品は、かつて私が最もハマった戦闘シュミレーションで、当時暇を見つけてはちまちまと、ああでもないこうでもないと駒を動かし、値段以上に遊び尽くした記憶があります。
 手放す気はさらさらなかったのですが、自宅の改築のどさくさで行方不明になり(たぶん不要になった本などと共に売ってしまったのでしょう)、その後また買い直すほどの気も起きず、今日に至りました。

 そんな思い出深い作品が、缶コーヒー並みの値段を付けられて叩き売られているのを目の当たりにし、そのあまりの落ちぶれ方に、喩えは悪いかもしれませんが、場末の遊廓で再会したかつての馴染みの女郎を救い出すような心持ちで、棚からレジへと運んだのであります。「つらかったやろ? もう大丈夫や。悪いようにはせえへん。安心し」ってな具合です。牛丼一食我慢したつもりになれば、この二つの名作に、また活躍の場を与えてやることが出来るのです。そう思えば安い買い物です。

 というような成り行きで、一月前から、かつてほど時間がないにもかかわらず、またちまちまと始めております。
 最初こそ少し戸惑いましたが、見る見るやり方を思い出し、見事攻撃が連鎖した時の爽快感を十数年ぶりに味わっています。このゲーム、やはり奥が深い。

 曹操、孫策(孫権)、劉備のいずれかの勢力を選択し、天下統一に向けて他勢力との戦闘を繰り返し、領土を広げていくわけですが、自軍の武将を碁盤の目のようなフィールドで、チェスさながらに動かし、数手先で攻撃が連鎖するよう脳内でシュミレートし、そのイメージに従って配置していく作業が、地味ではあるけれども、殊の外楽しい。三國無双のような派手で大雑把なゲームとは正反対の、息の長い奥深さが「戦記」には存在するのです。
 しかし、この見た目の地味さが受けない。一割の爽快感を得んがために、息を詰めて九割のちまちま作業を繰り返すわけなので、受けるはずがない。よってハードがPS3になっても、このシリーズは継続されず、二作で断絶してしまいました。それ故に、ハードはPS2を最後に買い替えるのをやめてしまったのです。

 ですがここに来て、「三國志戦記」の方が、スマホアプリとして蘇ったことを知りました。ポータブルゲームとして、ですか……たしかにこのちまちま感はそれ向きかもしれません。しかしスマホのあのちっこい画面で、これをやるかね? まあ私は外ではゲームをしないので、関係ないのですが。

 それにこのゲームの難点は、ゲームを理解し、上達すればするほど、「1ターンに費やす時間が長くなる」ということです。一手打つ毎に考え抜くようになってしまうのです。それがまた楽しいから厄介なのです。
 もし私がスマホでこのゲームをやったとして、近鉄奈良→京都間が急行で約四十分。京都へ着くまでに2ターンくらいしか進行しないのではないでしょうか^_^; その間、車窓の景色も眺めずに、ひたすらスマホに釘付けになっているなんて、真っ平ゴメンです(笑)。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/191-cec9ad8b
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。