セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

いだ天、迫る!

   
IMG00239.jpg
 今月26日開催・第17回奥熊野いだ天ウルトラマラソンのゼッケンやチップ、名簿などがついに届きました。いよいよです。緊張感がぐっと高まってきました。

 100kmマラソンは昨年九月の丹後ウルトラ以来。ここ一月ほど梅雨のような空模様が続き、走り込みが全く足りていないので、今回は非常に心配です。
 そんな状態なのでタイムは二の次で、あくまでも完走目的で頑張りたいと思います。幸いこの大会は、村岡や丹後よりも制限時間の縛りが一時間緩く、15時間あります。ですので調子が悪くともギブアップせずに、しぶとく波状攻撃を繰り返せば、なんとかゴールイン出来ると思います。
 問題は当日の気温ですね。予想したとおり、大会の三日前くらいからぐっと最高気温が上昇し、夏日一歩手前のような暑さになるようです。開催地が和歌山なので、その暑さも奈良よりも、よりいっそう厳しいものになるでしょう。まだ暑さ慣れしていない身体に、この気温の上昇がどう作用するか、かなり不安です。まあ、こまめに給水を摂りながら、じわじわ前進していくしかありません。この季節のマラソンが一年で最も危険とはよく言われているので、脱水状態でぶっ倒れるような事態だけは回避しなければ。

 初出場なので前夜祭にも参加するつもりです。場所は勝浦漁協で、マグロの解体ショーや高石ともやさんのミニコンサートなども行われるとのこと。これは大いに楽しみですね。常連さんたちからあれこれお話を聞き、翌日に備えたいと思います。
 それにしてもウルトラマラソンでマグロの解体ショーとは、やっぱり紀伊勝浦なんだなあ……脳裏では既にして、数々の大漁旗がはためいています(^_^) でもこのコース、ひたすら内陸部を巡るもので、海岸線は走らないんですよね。そこがちょっと残念かなあ。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/203-f285f06a
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。