セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

怒りのデスロードは配給元へと続く

   
Mad-Max-Fury-Road-lovely-day.png
 何年かぶりに映画の前売り券なんぞを買ってしまいました。
 いや、チケットどころか、そもそも映画館自体、何年もご無沙汰です。記憶をたどれば、およそ二年前にシルベスター・スタローン主演の「バレット」を鑑賞したのが最後でしょうか。すっかり足が遠のいてしまったものです。

 そもそも映画館へ足を運んでまで観たい映画が無くなってしまった。洋画邦画共に、映画専門チャンネルで充分と思えるようなラインナップになってしまった。要するに「暇つぶし映画」ですな。周りで家族がごそごそと動き回っていても大して腹も立たない……そんな作品のオンパレード。

 映画に大して期待が持てなくなったそんな私が、この度、わざわざ前売りまで購入し、臨戦態勢をとって公開日を今か今かと待ち望んでいるその作品は、「マッド・マックス 怒りのデスロード」。中学生の時分に大熱狂したマッド・マックスシリーズの、三十年ぶりの新作です。

 これまで度々続編の製作話が持ち上がったと思ったら、あれやこれやのトラブルに見舞われて流産。正直もう新作は観られないものと半ば諦めていました。
 それがついに完成。監督もこれまでと同じくジョージ・ミラー。主役のマックスはメル・ギブソンからトム・ハーディへと交代したようだけど、これは仕方がない。メルが年老いてしまったのだから。それにトムも決して嫌いな俳優ではない。「欲望のバージニア」で見せた骨太な荒くれ感なんかは非常に良かった。

 何よりめでたいのは、監督が代わらなかったことだ。ミラー監督、もう七十歳なんですね。数々の苦難にもめげず、よく完成させてくださいました、とお礼を言いたい気持ちです。
 1979年にハリウッドから遠く離れた「オーストラリアの荒野」で産声を上げ、その強烈なカーアクションとバイオレンスで我々の度肝を抜き、震撼させたマッド・マックス。
 今回は予想外の環境変化によって豪州大陸での撮影は断念し、アフリカのナミビア砂漠でロケしたとのこと。大小の改造車がわんさか登場する映画なので、それの運送だけでも大変だったろうと想像します。
 日本での公開は今月20日。鑑賞したらまた、ネタバレにならない程度に報告させてもらいます。

 しかし邦題のサブタイトル「怒りのデスロード」って、配給元は何考えとんねん! ランボーやないちゅうねん! 過去三作に対して、愛着も思い入れもへったくれもないのが、この邦題の付け方からして明らかですね。
 原題の「FURY ROAD」を直訳すれば、「怒りの道」。「マッド・マックス怒りの道」ではブルース・リーみたいなので、ここはもうストレートに「マッド・マックス フューリーロード」でいいじゃないですか。日本人にはピンと来ない英語題名でも、そのまんま邦題にしてしまう(オール・ユー・ニード・イズ・キルとか)ことが多々あるのに、なんでこんな時だけ「デスロード」と強引に意訳してしまうかね。天下のマッド・マックスが、どこかの三流低予算B級アクションムービーと勘違いされてしまうやないですか。
 映画がマッド・マックスでなかったら、こういう色物丸出しのベタなサブタイトルも決して嫌いじゃないのですが(笑)
スポンサーサイト
| comments(2) | trackbacks(0) | page top |
この映画の日本語吹き替え版でも配役を巡ってネットで炎上してましたしね。
配給会社はアレなんでしょう。



あ、飛騨高山完走しました。
ぽつぽつアップしていきます。
>>pink_manさん
マックスの声がEXILEのなんちゃらが担当でしたっけ……詳しくは知りませんが。
ま、吹き替え版は観ないので問題ないのですが、ジャニーズでないのがせめてもの救いかと。

高山完走おめでとうございます!
梅雨の晴れ間で良かったですね。
ブログ、見させてもらいます。


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/223-5eda0a09
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。