セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


負傷

   
IMG00353.jpg
 久々の更新になりますが、実はちょっと負傷していました。右手の指先です。

 貰い物の伊勢海老を、殻ごと包丁で断ち割ろうとして、つるり!
 「あッ」と思ったら、指先に横一線。じわりと血が滲み出してきたというような次第です。
 右利きのくせに、何故かその時は左手で包丁を握っていました。だから余計に手元が狂ったわけです。
 おまけに包丁も、なまくらだと幸いだったのですが、こんな時に限ってヘンケル(ゾーリンゲンと言ったほうがなじみ深い)の業物なんですね。そらもう鎌鼬のような切れ味ですわ。

 けじめをつけるような大事にいたらなかったのが幸運でした。辛うじて堅気の身分に踏みとどまりました。
 ですが指先を包帯でぐるぐる巻きにしていたので、キーボードが打てない。左手だけで更新しようかとも思ったのですが、肩が凝りそうなので、右手の包帯が取れるまで自重していました。

 負傷したのが自分であって、嫁でなかったのが不幸中の幸いです。
 「嫌がっている海老を、ゆで殺すから罰が当たったんや」
 ほんま、えらい言われようです。いつしか「生命の敵」にされてしまいました。
 しかし、誰かが心を鬼にしなければ、一体どうやって伊勢海老を賞味できるというのでしょう。

 この世の不条理に苦しむ、今年の梅雨です。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/224-7250ddf7
<< NEW | TOP | OLD>>