セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


墓参

   
 うだるような暑さが来襲し、まさに今夏のピークに突入という感じです。そんな中、盆には少し早いのですが、京都へ墓参りに行ってきました。
 我が家の本家筋の墓は東山は清水寺の麓、大谷本廟にあります。五条坂は夏恒例の「陶器市」で賑わっていました。
IMGP0086.jpg
 この辺りは昔は「鳥辺野」と呼ばれていました。想うに平安時代などには、一般庶民の亡骸は、この山裾になかば放置されるような形で打ち棄てられていたのでしょう。それを鳥類がついばんだからこのように呼ばれていたものと・・・まあ、チベットの鳥葬を彷彿とさせる光景が存在したのだと思っています。今からは想像もつきませんが。
 現在仏壇にある母の喉仏も、来年にはここへ連れてくる予定でいます。

 墓参を済ませ、次は下京区の「興正寺」へ移動です。浄土真宗興正寺派の我が家の本山がここです。
 西本願寺の南隣にあるため目立たないですが、いつもきちんと手入れされ、外国人観光客の姿もちらほらと見受けられます。
IMGP0088.jpg
 西本願寺と言えば壬生に続く新撰組の屯所として有名ですが、なんでもその頃、近藤勇局長の妾宅が興正寺の裏手にあったとか。公私を分けるにはもうちっと距離があったほうが良いのではないかなどと思ったりもします。
IMGP0089.jpg
 実は私は、高校の三年間をこの近くのH校で過ごしました。今夏は甲子園出場もならなかったせいか、正門の周辺もどこか寂しげな雰囲気が漂っていました。
 私の在学中は全てにおいてむさ苦しいバリバリの男子校だったのですが、男女共学となった今は、すっかり垢抜けてしまったような感があります。監獄生活に近い三年間を味わった身としては、その変わり様が羨ましくもあり、苦々しくもあり、複雑な気持ちで一杯です(笑)。
スポンサーサイト
| comments(1) | trackbacks(0) | page top |
「映画ベース」のご案内
しみったれ、駆ける!! 管理人様

はじめまして。紀平と申します。

私は現在「映画ベース」という映画のレビューサイトを開発しており、
是非、映画に関心のある方からの映画のレビューや、
サイトをご利用頂いてのご意見やご感想などを頂きたいと思っております。

「映画ベース」
http://kota.lolipop.jp/eigabase/


たくさんの方からのレビューが集まり、
そして数々の映画の中から面白い映画を見つけられるサイトに
何としてもしていきたいですので、
是非一度サイトにお越し頂き、ご利用をご検討頂けないでしょうか?

突然の勝手なお願いではありますが、
どうかよろしくお願い致します。

//----------
// 映画ベース
// http://kota.lolipop.jp/eigabase/
//
// 紀平 光太
// kihira@kota.lolipop.jp
//----------


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/23-251430c7
<< NEW | TOP | OLD>>