セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

モトサヤ

   
z-M29719-01.jpg
 気が付けば村岡100kmまであとひと月余り。
 春のウルトラ二本はかなりへたってきている旧靴(adizero cs9)で凌いだので、この夏こそはウルトラマラソン用シューズを買い換えようと前々から決意していたのだけれど、いざその時期が来てみれば、案の定腰が重くなった。

 現在どのようなシューズが販売されているのか、メーカーを問わずあれこれネットで検索してみたりするところから始めて、「安くねえなあ」とぼやきつつも、ある程度商品知識をストックした段階で実店舗に行って試着する……今回も例によって、この段階で購買意欲が失せ始めた。首相、ご期待に添えず申し訳ございません(笑)

 わざわざ何店舗か梯子したところで、投入する予算は最初から決めており、それ以上増やす気持ちはさらさら無いのだから、ランニングシューズ売り場の壁を綺麗に彩るニューモデルの数々は、ほぼ百パーセント対象外となる。悲しいことだが、靴なんて、自分の足に合いさえすればそれでいいのだ。「要するに走れりゃいいんだ」お得意のセリフが飛び出すのはこの瞬間だ。

 となると向かう先は、セール品売り場のみ。旧モデルの売れ残りの中から見繕うわけだが、当然のことながら、あらかじめ購入候補に想定していた何種類かの靴が、都合良くそこにあることは稀で、あったとしても既にしてサイズが残っていなかったりで、試着さえせずに撤退することも珍しくない。

 今回は幸運にも、この中にadizero cs10のワイドの27cmが一足だけ残っていた。私の足はノーマル幅なので買うわけにいかないが、試着することでノーマルタイプの感触を想像することは出来る。
 前回(二年前)の村岡ではナイキ使い、とても気持ち良く走れたので、今回も……と頭のどこかで考えていたのだけれど、そのナイキの型落ちを探して、また別の店に行くのが嫌になった。よって去年の春から使ってきたcs9の直系の後継のcs10に決まり。となれば帰宅して、ネットで少しでも安いところを探すだけ。

 といった過程を経て、某通販サイトで、cs10を定価の六割引で買うことに成功。ノーマルタイプでは最後の27cmだった。滑り込みセーフといったところか。

 にしても盆休み中、ああでもないこうでもないと靴のことばかりうじうじ考えまくった挙げ句が、「csからcs」。なんじゃそりゃ!というオチに。モトサヤとはまさにこれ。どっと疲れた。届いたらまたここで細部を紹介します。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/241-5652c845
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。