セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

第18回村岡ダブルフルウルトラランニング(その2)

   
 ついにスタートした100km・88kmの部。
 無数の提灯で鮮やかに彩られた村岡商店街をぐるっと周り、再びスタート地点へ戻ってくる。ここまでは地元住民の方々への顔見せみたいなもの。これが終わるといきなり上り坂に突入するあたりが、「山岳ウルトラ」と呼ばれるゆえんなのだ。

 登坂が始まり少しすると、もう滝のような汗。曇天で放射冷却がなく、空気がどこか生温かいので尚更のこと。
20151002173729006.jpg
 第1エイド・水車茶屋(6.5km地点)。ランナーがまだばらけていない状態で到着するので、スタッフさん大わらわ。ドリンクの補充が追いつかない。
201510021738143b8.jpg
 水分を補給して、また黙々と登坂。にしても夜明けが遅いぞ。
20151002173859602.jpg
 標高200mのスタート地点から、550mくらいまでずっと登ってきた。距離にしてまだ10km少し手前。ここが第一のピーク。
 ようやく周りが明るくなってきた。足を止め振り返ると、下界が濃い靄にすっぽり覆われている。桃源郷さながらの眺望だ。雲の上の散歩といったところか。早朝から快晴だと、この光景は拝めない。その意味では非常にラッキーだった。
2015100217393414a.jpg
 ピークの手前あたりからが「兎和野高原」と呼ばれるリゾート地で、清涼感が一気に増したような雰囲気になる。おっ、前を行くスパイダーマンのペースも心なしかアップしたぞ(笑)
2015100217401104b.jpg
 足元が緩やかな下りに転じたと思ったら、スパイダーネットに絡め捕られるかのように、第2エイド・兎和野高原(9.8km地点)に到着。
 下の写真は、「テーブルのプリンを撮影する女子」を、プリンを食いながら撮影したもの。ロシアの民芸品人形のように入れ子構造になっているわけです。この時点では、まだアホなことを考える余裕があるんですな(笑)
2015100217405231c.jpg
 第2エイドからもう少し進むと、お洒落な高原レストランの前で、そこの従業員さんが私設のエイドをいつも開いてくださっている。バーベキューコンロの網の上で焼かれたホヤホヤの炭焼ピザが振る舞われ、その旨めえことと言ったら。従業員の皆さん、開店前の朝早くにどうもありがとうございます。
2015100217412614e.jpg
 その次の第3エイド・ハチ北(14.5km地点)を過ぎると、88kmの部のランナーさんたちとは、しばしお別れ。我々100kmは昨日宿入りの際に経由した、ハチ北観光協会の方面へ下っていく。この坂がコンクリート舗装の部分が多くて、膝にくるんだわ。

 やがて出場者の多くが宿泊したハチ北温泉街へと突入。宿の前では大将や女将さんたちが応援してくれる。
 「写真撮りながら、まだまだ余裕やな」と、某民宿の大将。
 「いえいえ、余裕がないからこそアホなことしとるんです」と私。
 何だか解ったような解らないような理屈(笑)
20151002174204d28.jpg
 長い下りの終着点の少し手前にある第4エイド・口大谷(19.4km地点)に到着。民家のガレージを大会のために開放してくださっているようだ。
20151002174239d81.jpg
 田園風景を眺めながら走ると、第5エイド・大野(22.8km)に到着。
20151002174323e4b.jpg
 ここを過ぎれば、いよいよ66kmの部のスタート地点である福岡へ突入だ。皆さんどんな顔をして迎えてくれるか、これがまた毎回楽しみなんだわ(^_^)
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/256-e92481dd
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。