セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


土山マラソンで使ってみて

   
20150224201052-picsay.jpg
 先月購入し、先日のあいの土山マラソンに投入。42.195kmの道のりを共にした、我が新しき相棒である「アディゼロ・フェザーRK2」。ここでも数回記事にして紹介させてもらったけれど、さてさて、フルマラソンでの履き心地は、果たしてどうだったのか?

 完走タイム自体はぎりぎりサブ4と、パッとしないものであったが、これは私の練習不足が原因であり、シューズの性能とは全く無関係である。むしろそんな軟弱な足を、「よくぞかばってくれた」と靴に感謝したいくらいだ。

 重量は片足185g(27cm)と超軽量。薄くて固いソール。着圧式によって、最小限に切り詰めたアッパーの補強。おまけにヒールカウンター(ヒールカップ)の不採用……フルマラソン用にとほぼ直感で買ってしまったものの、「こんなんでほんまに長距離もつんやろか?」という不安は、土山マラソン当日の朝まで払拭できなかった。
 それまで使用した距離は最長でも10km。せめてハーフマラソンの距離だけでも試してみて本番に挑むべきかとも思ったが、時間もなく、結局出たとこ勝負となってしまった。

 アシックスのターサーやアディゼロのタクミ戦・練は、サブ3狙いの走力があって初めて履きこなすことが出来る、とはよく聞く話で、私も実際そうだと思っている。3.5~4時間レベルのランナーがそれらの靴で、後半失速している光景を、これまでよく見かけてきたからだ。
 それを承知で、アディゼロのチャート(画像)ではタクミ練と同クラスに位置付けされているフェザーRK2でフルマラソンに挑んだのは、試着した感覚で「いける」と判断した、ただそれだけの理由である。
 ちなみにアディダスによるフェザーRK2の商品概要は、以下の通り。

 「サブ3.5ランナー、部活、ロードレース、駅伝向けランニングシューズ」

 この説明文を鵜呑みにするなら、サブ3.5という時点で私は×。おっさんなので部活も×(笑)。一番引っかかるのが、「駅伝向け」という点。つまり「20kmまでの靴」ちゅうことなんか?

 まあメーカーの説明文をそのまま受け取っていたのでは、いつまで経っても自己のランニング観なぞ芽生えない。まれに失敗することはあっても、私は己の直感を優先する。

 で挑んだフルマラソン。終盤足が潰れるかと思ったが、これが潰れなかった。薄くて固いソールの割には粘れるのである。この点については、ある程度予測もしていた。アディゼロ・ジャパンやマナのように前足部までトルションが延びていないので、終盤になっても路面から受ける衝撃が、何となくソフトなのだ。

 それと軽量でアウトソールのグリップが抜群なので、登坂に際してのエネルギー消費がかなり効率的なように感じる。狭く細かいスタンスで、ちゃっちゃっとテンポよく駆け上がれるというか、こういう感触はジャパンやマナにも無かった。

 一つだけ難点を挙げるなら、超軽量のせいか、どうしても無意識の内に飛ばしすぎることだ。なのでスピードを司る筋肉(大腿部の前面)を早々と酷使することに繋がり易い。後半失速するとすれば、靴の固さよりも、そのことが原因となろう。
 まあそれについては靴のせいではないので、意識してペース調整さえすれば解決できると思う。

 というわけで結論を言えば、このアディゼロ・フェザーRK2、かなり気に入ってしまった。ここ三年ほどフルマラソン用の靴選びに四苦八苦してきたが、ついに最良の一足に巡り会えたように思う。ブースト搭載モデルのように値も張らないので、気軽に買えることだし、しばらくはこれで行くことに決めた。

 サブ3~3.5のランナーさんで、「ターサーやタクミは高価な上に、前足部のブツブツがすぐ擦り切れるので、むむむ……」とお悩みの方、一度この靴をお試しあれ。
 私レベルの足でもフルマラソンを耐えられたのだから、十二分に使いこなせると思いますよ。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/267-d6e36064
<< NEW | TOP | OLD>>