セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

残された空白圏

   
49855a559134f.jpg
 「ITの発達によって、消滅する職業、生き残る職業は?」というような未来予想記事を、最近あちこちで見かけるようになった。

 中にはふむふむと納得してしまう分類もあり、例えば「いずれITに取って代わられる職種」として、事務職、会計士、プログラマーなどが挙げられていたりなんかすると、解らんこともないなぁ……と。
 工場のオートメーション化によって人減らしが行われたのと同じ理屈である。人間的な感情を挟まずに、極めて事務的にやってのけるようなタイプの職種は、人工知能に取って代わられやすいということだろう。

 では「生き残る職業」とはどういったものなのだろうか?
 特集記事でもあれこれ職種が挙げられており、納得のいくものとそうでないもの様々だが、一言で表せば「心を扱う職種」ということになるのだろうか。

 現物でなく、姿形の無い「心」を扱う仕事は、人工知能の最も苦手とするところである……この理屈は、これまで未来をテーマにした映画や小説でも度々描かれている。
 例えばリドリー・スコット監督の映画『ブレード・ランナー』。ここに登場するレプリカントなる人造人間は、「学習能力」という高度な人工知能を持ち、生身の人間と接する内に複雑な感情を学んでいくのだが、やがてその複雑さに処理能力が追いつかず、「バグ」のようなものを生じさせ、作り手の人間にも予想できなかったような行動に走ってしまったりする。

 要するに人間の「心」とは、それほど複雑極まりない代物というわけだ。
 「苦」と「楽」……この両極に位置する二つの感情の間に横たわる広大な「グレーゾーン」こそ、人工知能が最も苦手とする領域であり、ここに足を踏み入れた人工知能は、誤作動を起こさざるを得ないのである。つまり「泥沼」というわけだ。

 この泥沼を扱う職種こそが、人間に残された仕事ということになる。
 デジタル全盛の時代と言われるが、何のことはない、人間に残された仕事とは、むしろ「ゴリゴリのアナログ」なのである。アナログ故に生き残れる、とも言い替えられよう。

 「この音楽を聴くと、どうしてこんな気持ちになるのだろう?」「この小説を読むと、ハッピーエンドにもかかわらず、どうしてこんなに悲しくなってしまうのだろう?」
 こういうのが大事なのだと思う。二進法のデジタルが最も苦手とする「矛盾した感情」「曖昧さ」……これこそが生身の人間に残された数少ない「空白圏」である。しかしその奥行きは、限り無く深い。

 IT社会の到来によって、従来の商法が成り立たなくなり、音楽業界も文学業界もすっかり「痩せてしまった」と言われる。が、痩せたのは環境であって、音楽・文学そのものでは決してないはずだ。
 クリエーターの皆さんには、ここは是非とも踏ん張って頂きたい。人工知能がますます存在感を強めるこれからの時代、皆さんの極めて人間臭い能力が、きっと貴重になってくるはずだから。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/292-dfd652ff
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。