セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

新世界

   
20140226013630.jpg
 先日ケーブルテレビで、久々にぞくりと鳥肌が立つような映画に出会った。
 2013年の韓国映画『新しき世界』である。

 韓国映画に対して偏見などこれっぽっちも無いものの、その「情念を剥き出しにした展開」がどうも苦手で、これまで香港映画ほど積極的には観てこなかった。一言で言えば「濃すぎる」のだ。
 しかし、この「新しき世界」はドンピシャに胸に突き刺さった。主人公ジャソンとその義兄弟分であるチョンチョンの間に存在する絆に胸を打たれ、ついつい涙腺が緩くなってしまった。

 昨今日本でもテレビドラマなどでよく見られるようになった「警察による潜入捜査」の話である。この監督さん(脚本も担当している)はかなりその手の映画が好みらしく、作品中に数々の引用が散りばめられている。
 例えばストーリーの骨格は香港映画の「インファナル・アフェア」。
 義兄弟の設定は、同じく香港映画の「男たちの挽歌」。
 倉庫内のシーンは、タランティーノ監督の「レザボア・ドッグス」。
 ドラム缶にセメント詰めしてしまうようなバイオレンス描写は、北野武監督の「ソナチネ」や「アウトレイジ」を彷彿とさせる。
 暴力団内部の壮絶な跡目争いは、「ゴッドファーザー」といったところか。

 この作品の凄いところは、これだけ過去作にオマージュを捧げつつも、単なる後追いのパッチワーク映画にならなかったところだ。韓国社会でも少数派の「華僑(中国系韓国人)」という絆でジャソンとチョンチョンを結びつけたことにより、ストーリー展開にぐっと説得力が増し、潜入捜査官のジャソンが警察組織までをも裏切って暴力団の頂点へと上り詰める驚愕のラストに、違和感を覚えるどころか、ある種の爽快感さえ抱いてしまうのである。

 私はこのジャソンという潜入捜査官の行動に、深く感動してしまった。
 暴力団内部では当然のこと、警察組織からも所詮は「使い捨ての犬」としか扱われず、最後は自分からその首輪を引きちぎって自分の足で疾走をはじめるのである。
 操り人形でしかなかったジャソンの背中を押したのは、無論、兄貴分のチョンチョンだ。内部抗争で重体となり、その忌の際に、病院のベッドで弟分のジャソンに向かってこう言うのだ、「そろそろ生き方を選べ」と。

 兄貴分は弟分が「サツの犬」だと判っても、それを許すのである。過去のことなど関係ない。下っ端の頃から二人三脚で頑張ってきたその事実こそが全てなのだと、無言で語るのである。互いに華僑であるという設定が存分に活きてくる、素晴らしいシーンだ。過剰にベタつかずにこれをやるとは、この監督さん、かなりの腕前と見た。

 この映画、どうやら三部作になるらしく、これはその真ん中部分で、次はジャソンとチョンチョンの「チンピラ時代」を描くことを匂わせて終了する。
 三部作と言えばインファナル・アフェアもそうだった。あれを超えることが出来るのか……この監督さんならやってくれそうな気がする。もしそうなったら、映画史に残る「ギャング・スター映画」になることだろう。大いに期待している。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/296-d3496a78
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。