セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


第2回NAGOURAマラソン(100kmの部)・ハイサイおじさん速報

   
IMGP0714-picsay.jpg
 二泊三日で遙々、沖縄本島北部の名護市までウルトラマラソンを走りに行き、きのう無事帰ってまいりました。

 予想はしていたものの、沖縄入りの当日、関空は快晴だったのに、那覇到着時は小雨。ちょうどその頃が降り出しだったようで、雨脚はやがて本降りに。

 一夜明け、大会当日は、ほぼ一日雨。
 そのせいでランニングシューズの中で足がふやけて膨張し、50km過ぎくらいで「あっ!……こりゃ足裏の皮がめくれたわ」と気付き、ソックスを脱いで確認なんかすれば、その悲惨な状態からもう完全に走り続ける気が失せてしまうように思えたので、そこはお得意の開き直り。「ええい、なるようになるわい」の一念でずぶ濡れのままレースを続行。
 足裏の違和感を紛らわすのに役立ったのは、脳内でリピート再生し続けた一曲・喜納昌吉とチャンプルーズの「ハイサイおじさん」(笑) あれ聴くと、どんな逆境にも明るく前向きに対処できるから不思議なんですよね。

 そんな沖縄名曲の効果は絶大で、雨の中、どうにかゴールインすることが出来ました。
 記録は「12時間48分52秒」。完走証と完走抱瓶(だちびん)メダルをゲット。メダルは焼き物なのでその重いことと言ったら。かけてもらった瞬間、首がへし折れるかと思った(笑)

 ゴールイン後、靴下を脱ぐと、案の定足裏はひどい状態になっていた。けれどこれこそが南の島の風雨にも負けずに走り通した何よりの証。
 とはいうものの、昨日、ピーカン真夏日(なぜ一日違いでこうなってしまうんじゃ)の那覇国際通りをぶらぶらするのがけっこうつらかった。
 まあその辺りの詳細は、これから数回に分けてレポートさせてもらいます。今回はひとまずご報告まで。

 共に頑張った参加者の皆さん、風雨の中お世話くださった名護の皆さん、本当にありがとうございました<(_ _)>
 これまでになく過酷だったぶん、今回のレースは忘れられない思い出の一つとなりました。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/302-74a3ccf9
<< NEW | TOP | OLD>>