セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

第2回NAGOURAマラソン前日(関空→那覇→名護)

   
 3月5日(土)、沖縄県名護市で翌日開催される「NAGOURAマラソン・100kmの部」に出場するため、午前中に関西国際空港を出発する那覇空港行きのピーチ・アビエーションに搭乗。LCCを利用するのは初めてだけど、身長180cmの私でも、さほど窮屈さを感じなかった。二時間以内のフライトならこれで充分やね。
2016030914155415d.jpg
 とにかくうたた寝してる間に、ただいま那覇上空とのアナウンスが入った。関空からおよそ一時間半。ただ空港上空が雨のため、しばらく旋回して着陸の機会をうかがうとのこと。泉州沖はあれほど晴れ渡っていたのに、もう西から雨雲がやってきているようだ。
201603091416293d3.jpg
 午後一時半、無事那覇空港へ到着。LCCターミナルから無料バスで国内線ターミナルへ移動。二時発の「沖縄高速バス・111系統」で名護市へ向かうつもりなので、空港のカレー店でそそくさとシーフードカレーを食する。沖縄はもっと暑いかと想像していたが、雨降りのせいでそれほどでもなかった。
2016030914170023f.jpg
 食後、高速バス乗り場で到着を待っていると、眼前に「111系統」と書かれていないバスが滑り込んできた。車体側面には「やんばる急行バス」の文字。おお、ラッキー!、と内心にんまりした。
201603091417293cc.jpg
 あらかじめ調べておいたのだが、この「やんばる急行」、111系統と似たようなルートを通り、しかも同じような所要時間で名護へ向かうのである。ただ、料金が111系統より数百円も安い。ならばこれに乗らずになんとする。
 かりゆしウェアの運転手さんに名護市役所に停まることを確認し、迷わず乗車。しかし棚からぼた餅だった。こちらの方がお得なのは分かっていたけれど、運行本数が少ないので考えから外していたのだ。
201603091418014db.jpg
 那覇市内はけっこう渋滞したけれど、その後はスイスイ。途中で沖縄高速道路に乗ると、バスは面白いように沖縄本島を北へと向かった。
201603091418288d0.jpg
 途中サービスエリアでの時間調整を兼ねたトイレ休憩を一度挟み、午後四時、バスは名護市役所前に到着。
20160309141855401.jpg
 名護名物「アグー豚」の巨大モニュメントが、小雨の中出迎えてくれる。ちなみに明日のエイドでは、「アグーしゃぶしゃぶ」が振る舞われるらしい。
2016030914192650d.jpg
 バス停から国道を渡ると、そこには幾何学的な名護市役所の建物が。
20160309141956064.jpg
 さすが沖縄、ちゃんとシーサーも設置されている。
20160309142025d63.jpg
 前日受付会場である「21世紀の森体育館」は市役所のすぐ隣。ゼッケンや参加賞のポケッタブル・パーカーを頂戴し、明日のコース説明を聞く。が、「どこそこのファミマを右折れして~」とか言われても、県外の人間には皆目見当がつかん(笑) なので中座。雨脚がこれ以上強くならない内にホテルへと向かう。
20160309142057dc3.jpg
 今回のお宿は会場から徒歩10分くらいの場所にある「ホテル名護キャッスル」。周辺はスナックなど、夜の飲み屋がひしめく「教育上大変よろしい」私好みの一帯だ(笑)
 にしてもこのホテル、外観はまるで軍艦島のそれだ。ほんまに営業しとるんかしらん?
2016030914212714a.jpg
 正面玄関へ回る。ガラスの向こうで人影が動いた。ひと安心といったところか。

 チェックインして、四階の部屋から夕刻の名護の街を眺める。ちなみにホテルにエレベーターは無い。明日のレース後、外へ飯を食いに出るつもりだが、果たしてそれが可能だろうか?
2016030914215341b.jpg
 せっかく沖縄に来たのだから「旨い沖縄そば」を食べようと、ホテル周辺の沖縄そば屋を二軒、前もってピックアップしておいた。部屋に荷物を置いた後、早速訪ねてみたのだけど、二軒とも扉は閉ざされていた。しかも営業時間を書いた貼り紙のようなものもされていない。もっと深夜に、夜の酔客相手に営業するのだろうか?……とにかく謎だ。

 いつまでもうろついているわけにもいかないので、ココストアで弁当と翌朝の飯を買い、ホテルへ撤収した。
20160309142228ec0.jpg
 午前四時半スタートなので、明日は二時起床、三時過ぎには出発するつもりだ。入浴し(といっても湯船は無し、シャワーだけ)、マラソンの準備を整え、早々に就寝→熟睡、といけば申し分なかったのだが、ホテルの外の飲み屋からは、一晩中カラオケの歌声が聞こえ続けてきたのである(泣)
 ま、そんなところも含めて、私は沖縄が大好きなんだけど。
 さあ明日はざざ降りの中、「奈良んちゅ」の意地を披露するとしますか。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/303-2c838bc8
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。