セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

縁(えにし)

   
IMGP0126.jpg
 村岡ダブルフルの大会事務局から参加案内が届きました。ゼッケン番号も決まり、これで今月末の大会当日を待つだけとなりました。「日本屈指の山岳ウルトラ」と呼ばれるあの超ハードコースを100kmも走り抜けるのか否か、おととしに一度走破しているとはいえ、期待より不安が上回っているというのが正直なところです。

 そこに届いた参加案内。開封すると、中には今回も地元住民の方からの直筆応援メッセージが入っていました。
 私の元に届いたのは、村岡中学校2年生のK君からの便りでした。鉛筆書きで、心強い応援メッセージがしたためられています。おととしのメッセージは、村岡中学1年生の女の子からでした。二人とも夏休みの間に書いてくれたのでしょうか? とにかく、この子たちの為にも走り抜いてやろうという気にさせられます。お互い顔も知らない者同士ですが、当日は村岡のどこかで見守っていてくれると信じて走るつもりです。
 私とメッセージをくれたこの子たちとの間には、たった一枚の紙が存在しているだけなのですが、大会事務局での封入作業の際に、私宛の封筒へ物凄い確率をくぐり抜けて吸い込まれたのです-これぞ縁(えにし)と言わずして何と呼べばいいでしょう。

 縁といえばもう一つ。おばあちゃんの御守りです(写真右上の袋)。おととしの大会で頂戴したものです。貝殻を色布で包み、紐で繋げた大変手の込んだ御守りです。しかも袋に貼り付けられたラベル、すべて手書きです。
 距離で言えば35km地点辺りだったでしょうか、山の斜面に貼り付くように広がる集落のおばあちゃんに貰いました。隣ではお孫さんらしき男の子が、ランナーに飴やラムネ菓子を手渡していました。この御守りのお蔭で45km過ぎから始まる心臓破りの蘇武岳走破を成し遂げられたと思っています。
 あれ以来この貝殻は、マラソン大会用のスポーツバッグに絶えず忍ばせてあります。

 おばあちゃん、二年ぶりになりますが、今月また二つ目の御守りを頂きにあがります。図々しい野郎ですが、どうぞよろしくお願いいたします。
 そしてK君、メッセージたしかに受け取りました。当日は応援に来るのかな? 大勢のランナーの中で、ビビっという波動を発しているおっさんを見つけたら、多分それが私です( ^_^)。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/31-9cefddca
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。