セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


公転軌道5km×20

   
750px-Solar_sys.jpg
 15日の赤穂ウルトラマラソン・100kmの部に出場するため、明日の午後、赤穂入りする予定です。
 当日はどうやら晴れで、けっこう暑くなりそう。三月の沖縄では終日雨に祟られ、おおよそ南国らしくないウルトラマラソンに終わってしまったので、快晴は望むところです。

 瀬戸内海に面した海浜公園内を100kmぶん、あたかも太陽の周りを公転する惑星のように、ただひたすら回り続けるこの大会。
 アップダウンは無く、ペース管理をしやすいので、後はもう「回り続ける苦痛」にどこまで耐えられるかの勝負。うんざりする局面が幾度となく襲ってくると思うが、かつて武庫川ユリカモメ70kmを三年連続完走した際の記憶を呼び覚まし、何とか完走に漕ぎ着けたいと思う。
 周回型ウルトラマラソンはユリカモメ以上未経験なので、今回、70kmより先の空白圏に初めて足を踏み入れます。

 参加費が安いぶん、公式エイドが幾分しょぼいという話なので、補給食はある程度持参するつもりですが、初出場ゆえにその分量がいまいち把握できない。この前の「剣豪と忍者の里」が約50kmだったことから考えて、補給食もその倍くらいで事足りるかと、単純に計算しています。飲料系はコースの近くに自販機があるらしいので、いざとなれば頼るつもりです。完全なフラットコースなので、「剣豪~」に較べればエネルギー消費もその内ましであろうと推測しているのですが。

 赤穂は交通の便が良いので、早くゴール出来たら当日の内に帰宅することも可能なのですが、そこは100kmウルトラ……どっちに転ぶか走り出すまでわからない。ということで、二泊三日の万全の体制で挑みます。今年は黄金週間後半に休めなかったこともあるし、レース翌日、前々から行きたかった場所へちょっと寄り道したいこともあるし。

 ま、とにかく頑張ってきます。私にとって赤穂と7月の「夜叉ヶ池」は、競技というより「修行」の意味合いで大きいですね。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/325-46fc7d75
<< NEW | TOP | OLD>>