セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

帰郷

   
f0174293_74658.jpg
 明日の午後、いよいよ村岡入りします。
 新大阪からマラソンバスで約3時間、午後3時には前日受付会場の村岡体育館に到着する予定です。
 二年ぶりの村岡入り…なんだか感慨深いものがあります。亡き母の実家が自宅から比較的近いこともあって、私には幼い頃から、列車やクルマで遠路はるばる年に一度の里帰りといった思い出がありません。友達が夏休みの帰郷の話をしているのを聞いては、心の片隅で、「ああ、いいなあ…」などと羨ましく感じていたものです。
 そんな私の屈折を哀れに思ったのか、神様は二年前に、「村岡」というそれまで縁もゆかりも無かった場所を、ふるさととして与えて下さいました。「既視感」などと言えば大袈裟かもしれませんが、初めてなのにいつか来た感触…村岡がそんな空気に満ち溢れていたことは確実です。
 秋祭りの提灯の列、切り株だけになった田んぼと藁の匂い、風に揺れる彼岸花…すべてが懐かしく頭の奥深くに刻み込まれています。果たしてこれは、人生も半ばを迎えようとする中年オヤジのセンチメンタル&ノスタルジーに過ぎないのでしょうか? 大林宣彦の「尾道三部作」のようなものなのでしょうか?(なんのこっちゃ…)
 ともあれ、明日は村岡体育館で歓迎祭を楽しんでから(なにせお楽しみ抽選会があるので)、夕方には宿入りする予定です。今回はハチ北温泉街の民宿・松屋さんにお世話になります。同宿のランナーの皆さん、何卒よろしくお願いします。夕餉の席で、たっぷりとウルトラ武勇伝を聞かせてやってください(笑)。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/35-496f340a
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。