セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


第19回村岡ダブルフルウルトラランニング・速報

   
 生涯四度目の村岡ダブルフル100kmの部に挑戦し、(例のごとくロボット状態で)戻ってまいりました。

 さて結果は、
IMG00648-picsay.jpg

 13時間45分19秒(グロス)で辛くも完走。予想していた通り、大苦戦と相成りました。
 そして走り込み不足のこんな時に限って、現地が蒸し暑かったんですわ。村岡は山国なので、いつもは気温が高くてもカラッとしているのだけど、今回は「雨が降りそうで降らない」生殺しのような天候で、とにかく湿気が多かった。消耗の度合いがこれまで以上でした。
 結局、終盤になってザザ降りになり、ヘロヘロの濡れ鼠のような姿で、ぬかるんだ校庭にゴールしました。

 しっかし、午後7時のゴール閉鎖まで、残り15分ですか……むむむ、ですね。91km地点の第5関門をリミットの7分前に通過した際は、まさに冷や汗が浮かびました。その前のカレーエイドなんかも、すっ飛ばして走りましたよ(笑)

 ともあれ今回も、収容車だけは辛くも免れました。来年の120km特別コースまで、お取り置きしておきます。
 さて、いよいよ120km……出場資格は充分なものの、残り15分で20kmも走れってか(笑) 「地球を持ち上げろ」って言われているようなものですな。無理無理、と自嘲しつつも、でも、エントリーする気満々なんですけどね(笑)
IMG00645.jpg

 とにかく、大会関係者の皆さん、苦楽を共にした出場者の皆さん、ありがとうございました。今回も色々な出会いがありました。「ブログの読者です」という女性ランナーさんにも、声を掛けて頂きました。こういうのは初めての体験で、大変励みになりました。

 それら詳細は、ぼちぼち記事にしていきます。今回は結果報告まで<(_ _)>
スポンサーサイト
| comments(4) | trackbacks(0) | page top |
No title
完走おめでとうございます。

最終エイド7分前・・・
私も最初の村岡では5分前でブービーでしたわ。

お互いもっと精進しないと勇者にはなれそうもありませんねぇ。(大汗

長楽太鼓の衣装がパワーアップされてる~!
>>pink_manさん
佐渡島完走おめでとうございます!
ブログ拝見しました。
凄いです。時間もたっぷり余っているじゃないですか。
私はほんと首の皮一枚でした(笑)

今回は歓迎祭のゲストの土佐礼子さんが、大会当日もコースのあちこちに出現して盛り上げてくださったので、いつもの職員さん(凝った仮装で100kmを走る方)が、44kmの部に出走となりました。そこがちょっと残念でしたね。

ちなみに今回は「細川たかし」で、「北酒場」を歌い倒してらっしゃいましたよ。
半分以下の距離で、元気がたっぷり残っていたわけですね(笑)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
>>海水さん
早速のコメントありがとうございます。

ザザ降りの雨の中、傘を差しながら出迎えて下さったのには、ほんと感激しました。
ここまで諦めずに走ってきて、報われた気持ちで一杯になりました。

猿尾滝の折り返しで「まんたさん、ナイスランです!」とすれ違いざまに声をかけて頂いた時には、私との時間差から考えて、海水さんも蘇武の関門を何とかクリア可能だろうと思っていたのですが、残念でしたね。やはり、あの延々と続く登りは半端じゃないです。
これにめげすに、またチャレンジしてください。

 海水さんのブログ、ランニング記事以外も面白そうなので、じっくり拝読させてもらいます。
 これからも気軽にコメントしてやってください。
 来年、村岡のスタート地点で再会できるのを楽しみにしています。


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/359-67ca8617
<< NEW | TOP | OLD>>