セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

行きてえなぁ〜

   
 来月の1日に大阪の「なんばHatch」で、メタファイブのライブが行われる。
 今回のライブは「WINTER LIVE 2016」と銘打たれており、広島、大阪、東京、札幌の順に行われるらしい。「ウインターライブ」と聞いてニヤリとした方は、私と同じく、思春期にYMOの洗礼を受け、テクノポップに魅了された過去をお持ちになるに違いあるまい。
 YMOのウインターライブのVHSテープ、私もまだ捨てられずに持ってますわ(笑)

 そんなテクノポップ・チルドレンの私にとって、今年早々にリリースされたメタファイブのファーストアルバムは、まさに直球ど真ん中だった。昨今の音楽に興味が薄れつつあったので、「そうそうこれこれ、この感じ!」と一聴した瞬間に嬉しさ余って小躍りしてしまうほどのインパクトだった。
 元YMOの高橋幸宏を筆頭に、正真正銘のYMOチルドレンであるテイ・トウワと砂原良徳、加えてコーネリアスこと小山田圭吾まで絡んでいるのだから、これほどのクオリティのアルバムが出来上がるのも当然なのだ。

 師走にメタファイブが大阪にやって来ると聞いて、「こりゃ行かねば」と思ったのは言うまでもない。ライブに行くなんて何年ぶりや? およそ十年前にクラフトワークの来日公演に行って以来のように記憶している。会場は同じくなんばHatchだった。

 しかし今回のメタファイブ大阪は、平日の木曜日である。直前になるまで行けるかどうか分からない。
 東京公演は完売のようだけど、大阪はまだ幸い余っている。何卒売り切れないで……と祈るような気持ちで今日まで来たものの、その日はやはりどうしても都合がつかないことが明らかになった。カァーッ!、この前出たシングルCDも買ってスタンバイしていたのにホロホロ

 ちゅうわけで、チケットをゲットされた皆さん、どうぞ楽しんできてください。「いつまでも、あると思うなメタファイブ」ってメンバーの方々も言っていることだし、行けるときに行っとかなきゃ。
 でもオールスタンディング形式って、私くらいの年齢になると、正直、ムムム…ってなるんですよね。今回を逃せば次回はないかも^^;
スポンサーサイト
| comments(2) | trackbacks(0) | page top |
No title
本日、テレビの「スッキリ」に生出演してましたね。

まんたさんのブログで存在は知っていたので
をを!これこれって観てました。

幸宏さん曰く、
「いつまでも有ると思うな、METAFIVE」
ということです。
確かにこれだけのメンバーのスケジュールを合わせるだけでも大変そう。
おいらもアルバム買おうかなぁ?
>>Pink_manさん
みちくさウルトラ完走おめでとうございます!
レポートの続きを楽しみにしています。

メタファイブですが、来年はどうやらソロ活動に戻るみたいですね。
セカンドアルバムがあるとしたら、再来年かなあ。

アルバムぜひ聞いてみてください。
つい先日、五曲入りのミニアルバムがリリースされたばかりなので、まずそれから。
捨て局なしの粒揃いですよ。


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/372-b928acf9
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。