セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

続・悪戦苦闘記

   
 この度、初めてiPhoneを購入し、chromebookとの間でのやりとりを試行するについて、インターネットのブログ記事などを大いに参考にさせてもらっているわけだが、macbookやwindowsについては多くても、まだメジャーとは言えないchromebookについてのレビューは少なく、「iPhoneとの相性はどうなのか?」、拙いながらもこの際書き残しておこうと思う。
 私のようなアナログ人間のレポートなので、詳しい人には全く参考にならないだろうけど、これからスマホに挑戦してみようと考えておられるビギナーの方々にとって、ほんの少しでもためになれば幸いです。 

 前回の記事でUSBメモリを介さない、Google Drive(GoogleCloudの一種)を使ってのデータ移行法を紹介したが、やはりオフラインでの移行法が安心できるというので、あれからまた、iPhoneに対応した「安いUSBメモリはなかろうか」と、あれこれ調べてみた。
 アップル社が認証している製品は、忌々しいことにどれも高く、対して千円〜二千円クラスの非認証製品(要するにパチもん)は、ユーザー・レビューによれば賛否両論で、購入に博打要素が付きまとう。

 「その中間くらいのモノがありゃせんか」としつこく調べると、やっとのこと、そこそこ信用できそうな製品に行き当たった。BUFFALOのRUF3-ALという製品で、一応アップル社の認証を受けており、16Gだとアマゾンのセールで3500円程度と、まずまずのお値打ち感。
 我が家の無線LAN親機がBUFFALO製だったこともあり、まあ大丈夫だろうと注文した。32Gもあるのだけど、スマホでそれほどバシャバシャ写真を撮るほうでもないので、使えなかった際のことも考慮し、ここは安い16Gタイプで。
 両方のコネクタが黒いゴムのようなもので覆われており、上の写真の向かって左側をiPhoneのLightning端子に接続、右側をパソコンのUSB端子に接続する。
 アップルの製品は、この独自形状のコネクタしか使えない仕様になっているから不経済なのだ。普通のマイクロUSBコネクタが使えさえすれば、アンドロイドからの乗り換えも、もっとすんなり運ぶのに😠

 購入したUSBメモリの良い所は、iPhoneのカバーをいちいちはずさなくても挿し込めることである。これはかなり楽です。
 さてお次は、このUSBメモリ専用のアプリをAppStoreからiPhoneにインストールにないといけないのだけど、これは製品を端末に挿し込むだけで、勝手にインストール画面が表示されるようになっており大変便利。あとはに画面の指示通りにFile Manager for RUF3-ALというアプリをダウンロードするだけ。
 iPhoneのカメラロールにある写真(もちろん動画や音楽もできる)をUSBメモリに移行する手順は、至って簡単。ほぼワンタップ。私のようなIT音痴でもすんなり出来たのだから、まあ大丈夫でしょう。これにてiPhone側の作業は終了。

 さてさて、いよいよ今回の山場、USBメモリからchromebookへのデータ移行である。USBメモリに付属している紙切れ一枚の取説には、本製品はwindowsとMac OS Xには対応している旨が明記されているものの、Chrome OSに対応しているとは「一行も書かれていない」(汗)わけで、明記されていないのだから使えなかったところで、文句を言って行く場所はどこにもないのである。
 それを承知で買ったのだから、ここはもう博打である。「丁か半か」、chromebookに挿し込んでみてのお楽しみだ。USBメモリをchromebook側面のUSBポートへ挿し込み、ドキドキしながら本体の電源を入れる。
 我がchromebookのUSBポートは、USB2.0と1.1との互換仕様。挿入したメモリは3.0〜2.0なので、理屈としてはこれで良いはずなのだ。
 chromebookが起動したので、すぐさまファイルを開いて確認。丁半、駒揃いました! 皆様方、よござんすね(笑)⚄ chromebookが外部メモリを認識してくれると良いのだが……いや、認識してくれないと困るのだ。

 と……あったあった! ファイルに「USBメモリ」の表示を確認。喜ぶのはまだ早い。メモリの中身を見てみないことには。
 このようにしてiPhoneの画像を、無事USBメモリを介してchromebookへと移行させることに成功したのであった。しっかし、脂汗が出た。認識してくれなかったら、3500円が全くの無駄金に終わるところだった。

 ということで、(他の製品は知らんけど)少なくともこのBUFFALOのアップル製品対応USBメモリは、GoogleのChrome OSでも使えることが判明した。これでインターネット環境になくとも、このUSBメモリを携帯していれば、とりあえずiPhoneのデータを外へ逃がすことが可能である。Wi-Fiスポットなどの乏しい田舎へ行った時の強い味方だ。めでたしめでたし。

 ★今回の乗り換えで不要になったアンドロイドスマホは、chromebook購入でこれまた不要になったNECライフタッチノートと一緒に初期化して、BOOKOFFに買い取ってもらった。二台で5000円也。USBメモリ代が十分まかなえたので、これまためでたし。

 先月半ばから敢行したノートブック&スマホの買い替えも、これでひとまず最低限の軌道には乗ったと言えよう。今回は取り分けスマホが、初めて弄るアップル社製品だったので、勝手の違いに少々戸惑ったが、乏しい知識を頼りにどうにか対応できた。
 でもそこは元来がアナログ人間、根を詰めたので肩が凝った。これから年末に向けて、また元通り体を動かしますぞよ。やっぱそっちのほうが性に合ってるわ(^_^)

スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/381-447c3fe9
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。