セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

大島だより

   
 まだ二ヶ月も先だというのに、もう『第13回 伊豆大島ウルトラランニング』の参加案内状が届いた。
 初めて出場する大会で、大会公式ホームページも単純、あまり更新もされないので、「どうかなぁ……」と少々不安だったのだけど、案内状を開封してみると、きっちりした大会要項の他に、現在島で開催中の『椿まつり』に関する割引情報、島の見どころ等など、至って親切に説明されているパンフレットが封入されていた。
 「椿まつり」は3月26日の日曜日まで開催で、つまり、まつりの最終日にウルトラマラソンが行われることとなる。島の一大イベントの「トリ」というわけですね。走り甲斐があるってもんです。頑張って完走しなくては。
 そして、何故こんなに早く参加案内が届いたかというと、伊豆大島行きの船の予約が乗船日の二ヶ月前から出来るかららしい。
 参加者の大半が関東地方の人なので、東京の竹芝桟橋から乗船がほとんどだと想像するけれど、私のように西日本から参加の少数派は、熱海から高速船に乗った方が、費用も時間もかからない。熱海港〜伊豆大島間が45分で結ばれているという。

 問題は復路で、私の場合、大会翌日の月曜日に島を出ることになるのだけど、平日で、しかも椿まつりは前日で終わっているものだから、熱海行きの船は午後発の一便しかないようだ。
 竹芝行きの便は午前中からあるみたいだけど、ここは一つ休みをうまく調整し、大会翌日の午後は熱海でゆっくり羽根を伸ばし、夜行バスで帰ろうかなと考えている。

 今年一発目のウルトラマラソン出場とあって、とにかく楽しみで仕方がない。小ぢんまりとした大会みたいだけど、案内状を観た限りでは、非常に良く出来た大会のような予感がする。船の問題があるので、お天気だけが最大の心配事ですね。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/393-1e04cd1b
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。