セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


クラブ熱、再燃?

   
 木津川マラソン出走後、あれこれと忙しく、気づけば二週間以上もブログがご無沙汰になってしまいました。そんな慌ただしくストレス溜まりまくりの最中にも、「新しいお楽しみ」が、また一つ確定しました。
 「マラソン大会出場決定」と言いたいところですが、今回は珍しく音楽イベント関係です。

 実は来月中旬に、あのテイ・トウワさんが「EMO」というタイトルの九枚目のソロアルバムをリリースすることになり、それに合わせてDJツアーを行うことが発表されました。
 そのツアー・スケジュールを見て、「久々に行ってみるべ」と早速チケットを購入、当日の宿まで押さえたというわけです。ま、昨年末にMETAFIVEの大阪公演を泣く泣く諦めたので、それの仇討的な意味合いもあります(笑)
 近畿でのDJは4月21日(金)の京都と、22日(土)の和歌山に決定しており、私的には前者の丸太町「京都メトロ」へ行ったほうが交通の便でも楽なのですが、金曜の晩ということで、ちょっと直前まで体が空くかどうか心配なこともあり、ここは一つ翌日の和歌山の方に行くことにしました。
 京都の老舗クラブであるメトロには過去にも(といっても二十年ほど前ですが)行った記憶があるのですが、和歌山のクラブへ行くのは今回が初めてです。

 ということで前売りを買う前に会場の「和歌山RICHE」ってどんなとこじゃいなと調べたのですが、京都メトロや京都ワールドのような純粋なクラブでなく、「DJブースのあるカフェ&レストラン」といった感じですね。どれくらい収容できるのか不明ですが、初めてのパターンなので今から楽しみですね。

 それと幸いなのは、当日のopenが「19時」と、この手のイベントにしては早いこと。メトロのような純粋なクラブは、普通「22時open〜翌早朝まで」と相場が決まっており、若い頃平気だった夜遊びも、この齢になるとぼちぼち辛くなってくる。だからこの二十年ほどクラブ・カルチャーから遠ざかっとったわけです。
 そんなオッサンにしてみれば、スタートは少しでも早いほうがありがたい。午前零時頃にはホテルへ戻って寝られますから(笑)
 にしても二十年……テイさんのDJを見るため心斎橋や京都のクラブに行っていた頃とは、時代もDJ機材も大幅に変わりました。クラブ・カルチャーは日本では、やっぱ下火になりつつあるんですかね、よくわかりませんけど。
 機材に関しては、「テクニクスのターンテーブル二台にDJミキサー」から「CDJ」になり、今やmacbookとUSBメモリだけでDJ出来てしまうというのですから驚きです。ノートブックとにらめっこしているだけのDJプレイを観ていてオモロイかどうかは疑問ですけど。
 その点テイさんは、今もターンテーブルやCDJを併用されているようなので、傍目から見てもカッコいいんですよね。

 テイさんのアルバムは、テイさんがまだNYで「ディー・ライト」のメンバーとして活躍されていた頃から欠かさず購入していて、今回もAmazonかそこらで予約しようと思っていたのですが、こうしてリリース・パーティに行くことが決定したので、「当日、会場で買うのも一つの手やぞ」と思いとどまりました。
 アルバムのリリース日から当日まで、まるまる一ヶ月我慢しないといけないのですが、会場ならその他諸々のグッズも一緒にゲットできるかもしれませんしね。ええ齢こいたオッサンのくせに、テイさんに関してはミーハー丸出しやね(笑)

 上の動画は、たぶんアルバム「サウンド・ミュージアム」の頃のものだと想像するのですが、もしそうなら、私が一番テイさんのDJに足を運んでいた時代のものです。
 春の和歌山で、何十年かぶりにまたテイさんのプレイを堪能して、翌日の日曜日、和歌山ラーメンでも食ってのんびり帰ろうと思います。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/396-bd17f4cf
<< NEW | TOP | OLD>>