セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

第13回伊豆大島ウルトラランニング①

   
 一夜明けて3月26日(日)・伊豆大島ウルトラランニング大会当日。昨晩早々に降り出した雨は冷たく、尚も続いており、風も強い。漁師さんをテーマにしたテレビ番組でよく見かける、「時化の日」のような天候が大島をすっぽり覆っているようだ。とにかく大荒れ。

 午前三時起床、昨日仕入れておいた朝食用のパンをそそくさと食べ、トイレ、身支度を慌ただしく済ませる。
 宿の1階へ降りると、共用スペースには既にして数名の参加者の姿が。「どえらい天気ですなぁ」「気が滅入りますね」「中止になるんとちゃうか」などと話し合いながら、ガラスの向こうから聞こえる風の唸りと、激しく揺れる街路樹の様子に戦々恐々する。
 「ぼちぼち行きますか」
 宿から会場の大島町総合開発センターまでは徒歩で5分。どのみちびしょ濡れになるだから、傘もささずに早足で行く。宿の中からでは解らなかったけど、外気は想像以上に寒かった。おそらく一桁。思わず身震いしてしまう。
 まだ暗い中、各宿泊先から集まってくる参加者の皆さん。防寒ビニールを持参していない人は傘をさして来られたけど、これだけ風が強いと大して役に立つまい。煽られて傘の骨が裏返ってしまうのだ。
 貴重品預かりはセンターの1階。手荷物は2階に置く。この時点でスタートまで半時間を切った。
 いつまでも建物の中にいたいのは山々だが、覚悟を決めてスタート位置へ向かう。しかし、これが3月終盤のウルトラマラソンの光景か? それぞれ防寒具を身に纏ったランナーたちの姿は、まるで真冬のトレイルランさながらではないか。
 さぶっ! さぶさぶさぶっ!
 皆に混じってガチガチ震いする。なんちゅう寒さや。2月初めの「京都木津川マラソン」も終日雨のレースだったが、ここまで酷くはなかったぞ。とにかく、エライこっちゃ。
 スタートまであと10分。じっとしていられないほど冷え込むので、その場でせっせと足踏みをする。
 そして午前5時、100km・58kmの両部門が一斉にスタート。いつもなら沿道の人達に手を振ったりなんかして、ゆったりまったり走り出すのだけど、こんな状況ではそう悠長なこともしていられない。一刻も早くがむしゃらに体を動かさないと、骨の髄まで冷え込んでしまう。のっけからペース配分などそっちのけでダッシュする。
 冷たい雨粒が顔面に降りかかり、胴体を覆うビニールがバサバサと強風にはためく。

 これまで十数回、色んなウルトラマラソンを走ってきたけれど、ここまで過酷なスタートを切った経験はない。もともと南国志向で寒さを苦手とする私としては、これはもう責め苦に近い状況だ。こんなことなら今年もまた、3月のウルトラは沖縄の「名護浦」にしておくのだった(笑) 昨年の名護浦も終日雨に祟られたが、そこは沖縄、気温は20℃近くあったので、今に較べれば天国のような状態だった。

 服装も間違えた。簡易の防寒具で防ぎきれるようなレベルの風雨と気温ではない。ゴアテックス素材の上下に身を包んでどうかという次元の天候だ。
 とはいえ、全てはすでに遅し。冷たい嵐の中、薄着でどこまで行けるかやってみるしかない。

 一先ずの目標は島巡りの一周目をクリアして、再度この総合開発センターまで戻ってくる(そこで58km地点)ことだが、どうなることやら。
 今はもう少しでも気温が上昇してくれるのを祈るのみ。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/405-754e5955
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。