セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

第24回 2017えびす・だいこく100kmマラソン②

   
 さて午前5時半、ついにスタートを切った100km個人の部。美保関周辺の住民の方々の温かい見送りを受け、しばらくは島根半島の南側(境水道側)を海沿いに西進する。

 5km地点に達した辺りで境水道とはお別れし、半島の内陸部へ舵を切る。とはいえ南北には短い島根半島なものだから、日本海側へ出るのに、それほど時間はかからない。が、当然、半島縦断の際には、ちょっとした峠越えのようなものがある。

 7km地点辺りで、眼前に日本海側の風景が拡がる。これから55km地点くらいまでは、基本的にずっと半島の日本海沿岸を走り続けることになる。
 
 島根半島の日本海側は、地図を見れば一目瞭然だが、リアス式というのか、波の侵食によって複雑な海岸線を有している。
 あちこちに小さな入江があり、そこには民家が肩を寄せ合うようにして建っている。
 赤瓦の屋根が多いのも、この辺りの特徴だ。
 複雑な海岸線に沿って走るということは、イコール、小さなアップダウンが、目まぐるしく巡り来ることを意味している。この展開……「京丹後ウルトラ」の序盤と大変良く似ている。
 朝日まばゆい中、互いの健闘を誓いあったアベベさんの後ろ姿を視界に捉えながら、小気味よく登坂し、
 ピークを越えてちょっと下ったと思ったら、また次の登坂。
 村岡ダブルフルの激坂に較べれば、正直どうちゅうことないレベルと言える。清々しい朝の日本海を右手に、テンポよく走り続けていけば、気温が上昇する前にある程度距離を稼げるんでないかい?

 ……などと一瞬、調子の良いことを考えたが、幾つかのアップダウンをクリアし終えた時、妙な不安が頭をもたげた。一言で言うなら、「調子づいてしまう」ことへの懸念である。
 村岡のような激坂だと、後々のことを考慮して、思い切って「歩きを加える」ことに躊躇いはないのだけれど、これくらいのレベルの坂だと、斜度といい、ピークまでの距離といい、「走って乗り切ってしまえる」から、逆に不気味なのだ。
IMGP0821.jpg
 同じことをアベベさんも感じていたらしく、
「息の抜きのポイントが分からないだけに怖いですね。後半、効いてくるんじゃないかなぁ……」
 と、一抹の不安を口にした。
IMGP0822.jpg
 アベベさんも私も「えびだい」は初めてだけに、前半どのくらいセーブするのが理想なのか、皆目見当がつかない。幸いこの大会は、「10回以上完走」されているランナーさんは、ゼッケンの色を区別している。
 コース中のどの辺りがピークなのか、早い内にエイドなどで訊ねてみた方が吉なのかもしれない。

 そうこうする内に、七類港(13km地点)に到達。どでかいフェリーが停泊している。
 「くにが」という名のこのフェリーは、隠岐汽船の船舶で、隠岐の島へ向けて就航しているらしい。二週間後に「島根ウルトラの神」を目指して隠岐の島ウルトラに出場するランナーさんは、ここから乗船するのだろうか。

 七類湾を後にして、次なる玉結湾も無事通過。
 そして片江湾の中央集会所前に設けられた片江エイド(17km地点)に到着。
 飛ばし過ぎはいかん、と反省し、ここへ来て「まったりモード」へ切り替えようと腹をくくった。
 にしてもこの大会、エントリー代が安いにもかかわらず、食べ物がけっこう豪華。初出場なので念のために、自販機用にと小銭を携帯しているが、この分だと必要ないかもしれない。

 それはそうと、写真に半分だけ写っている着ぐるみランナーさん。
 たぶん地元の方で、常連さんらしいのだが、出雲神話にちなんで「因幡の白兎」の仮装で走っている。
 その姿はもう傍から見ているだけで熱中症になりそうなレベルで、大丈夫なんかいな……と心配になるほどだ。
「宍道湖の辺りで、たぶんバテバテになりますよ」と本人も仰っていたが、とにかく「どえらい(凄い)」お人で、しかも若い女性だったりする。
 おっさん、ファンになっちゃいました(笑)
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/414-31b10080
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。