セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

勝負靴

   
47622573.jpg
 といってもまだこのシューズで真剣勝負を一度もしていないので、厳密には「勝負靴候補」なのですが…。
 その靴とは「adizero japan2」。去年の奈良マラソンの会場で、52%オフの6000円で購入したものです。
 adizero japanといえば以前は(つまり初代japanの頃)アディダスのレーシングモデルとしてかなりの存在感を示していたものですが、同じadizeroシリーズのラインナップに「匠 練&戦」が加わってから、一気に影が薄くなってしまった感があります。
 フルモデルチェンジによって初代とはソールのレイアウトなどががらりと変わってしまったことも理由なのでしょうが、初代ユーザーの多くが匠練に流れてしまったような気がします。
 私は逆にフルマラソンを走るには、初代はちとオーヴァースペックだと思い手を出しかねていた口なので、モデルチェンジによって少し頑丈になった点は大歓迎。大きく値崩れした機会に迷わず購入しました。
 私の足はどちらかといえば幅狭で、中指が最も長い「ギリシア型」と呼ばれる形状なので、アディダスの靴は違和感なくフィットします。取り分け踵周りのフィット感は全メーカー中、アディダスがピカイチだと思います(これまで履きつぶしてきたテンポ2、cs6全てがそうでしたから)。Japan2も例外ではありません。
 さてこのjapan2、ミッドソールのふわっと感はほとんどありません。かといってcs6のような前足部のゴムゴムした弾力もありません。着地感を音で表すと「パシパシパシ」が一番適当でしょうか。とにかくダイレクトに路面を叩いている感触が強いです。ソールに反発力を感じないにもかかわらず、推進力は私のこれまで履いてきた靴の中では断トツです。このような特性の靴は正直初体験で、馴れるまで少々時間がかかりました。
 靴裏の画像を見てもらえれば一目瞭然なのですが、土踏まずに接着された強化プラスティック(オレンジの部分)から前足部爪先に向かって、内側、中央、外側と三本のラインが伸びています。これが靴の剛性を強化しているわけなのですが(トルションバーと呼ぶそうです)、同時にこのバーが着地から蹴り出しまでの一連の過程で、ぐっとたわみ、ビンと跳ね返ることで推進力を生み出している…と実際に使ってみて、私はそんな感触を強く受けました。野口みずきさんのようなダイナミックなフォームで走ってこそ活きてくるシューズ、そんな気がしてなりません。まあ我々市民ランナーがああいうフォームでフルマラソンを走るというのは、非常に諸刃の剣でもあるのですが。

 それはさておき、2月の木津川マラソンではこの靴のお蔭か、五分近くタイムを縮めることに成功しました。さあ次は篠山で自己ベストをと意気込んでいたところで、母が逝去。急遽DNSとあいなり、フルマラソン一本をこなしただけで、この靴は半年間の眠りに突入(ウルトラではさすがに躊躇です)、先日ついに目覚めました。
 まだまだ履きこなせているとは言い難い状態なのですが、次の日曜のあいの土山では土山フルのPB更新を目指して一丁勝負をかけてみたいと思っています。そして晴れて我がadizero japan2に「勝負靴」の称号を与えてやりたいです。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/46-602a88aa
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。