セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


スポンサーサイト

   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| - | - | page top |

マーラ・ヤマウチさんと伊賀

   
IMGP5510.jpg
 次の日曜日には「忍者の里・伊賀上野シティマラソン」に出場します。私にとっては昨年1月の九度山世界遺産マラソン以来、およそ二年ぶりのハーフマラソンとなります。もうハーフの走り方からして忘れてしまってるので、当日はもう出たとこ勝負で頑張るしかありません。

 伊賀上野の大会自体は初めてというわけではありません。過去に一度、2009年度の第20回記念大会に出場しています。といってもコースの記憶はほとんどありません。ラスト近くに伊賀上野城の急な上りがあったことくらいでしょうか、覚えているのは。むしろコースのことよりも、当日朝の伊賀上野の冷え込みがやけに鮮明に思い出されてなりません。奈良盆地の底冷えもかなりのものですが、伊賀はそれ以上でした(底冷えといえば師走の三田国際マスターズマラソンのそれも伊賀に負けず劣らずでした)。

 前回出場時には記念大会ということもあって、ゲストランナーの高石ともやさんとは別に、スペシャルゲストとしてマーラ・ヤマウチさんが来られていました。お二人とも10kmの部で出走されたので、ハーフの私とは直接関係はなかったのですが、スタートが同時だったので、それこそもう手が届きそうなくらい近くにお二人がおられたのが何とも感動モノでした。マンモス大会ではまず味わえないゲストとの距離感でしたね。

 高石さんとはその後も泉州国際マラソンなどでご一緒させていただいているのですが、マーラさんとはあの時だけでした。そういえばあれから少しして、活動の拠点を母国の英国に遷されたんでしたね。いやいや、今思うとほんとに貴重な体験をさせてもらいました。

 というような次第で、普段はマラソン中継などにはあまり熱心でない自称「不良ランナー」の私も、その後はマーラ・ヤマウチさんの出場されるレースだけは意識してテレビ観戦するようになりました。
 二年前のロンドン五輪に英国代表として出場が決定した時には、心の中で密かに拍手したものです。そして女子マラソンの中継もリアルタイムで観戦しました。しかし残念にも、脚の故障もあって、マーラさんは9km地点でリタイア。母国での五輪です。尚更無念だったことでしょう。
 その後しばらくして、現役引退を表明されました。本当にお疲れさまでした。

 さてさて二度目となる日曜日の伊賀上野シティマラソン。今回のゲストランナーは松竹芸能の「走る男」だとのこと。「走る男」とも過去に底冷えの三田でご一緒しています。今回の伊賀もこれは底冷えしそうですね(笑)
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/52-c220f215
<< NEW | TOP | OLD>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。