セコさと意地だけで挑むマラソン大会や、しみじみとした日常を綴ります。



   
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
<< 2017 >>
プロフィール

まんた1968

Author:まんた1968
数年前からランニングを続けている奈良県在住のオッサンです。
年に二、三回ですが、ウルトラマラソンにも挑戦しています。
タイムは凡庸なものですが、完走を目標に意地で走りつづけることを得意としています(笑)。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
フリーエリア
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
アクセスカウンター


時効?

   
 先日マラソン大会出場のため、JR阪和線信太山駅に降り立った瞬間、ふと懐かしい思いが頭の片隅を過ぎりました。
 というのも、もう二十年近く前、仕事の関係で三年半ばかり、堺市のJR鳳駅から徒歩で半時間ほどの毛穴(けな)という所で一人暮らしをしていたことがあるのです。ゆえに泉州国際市民マラソンでお馴染みの高石市、貝塚市、岸和田市などにはけっこう思い出がありますし、和泉市の信太山も例外ではありません。

 当時はまだまだ独身真っ最中で、良きにつけ悪しきにつけ自由に溢れていました。むろん仕事は大変でしたが、職場の独身者たちと一緒に何かと楽しくやっていました。休日にはクルマに相乗りで、泉南のあちこちに、これといった目的もなく足を延ばしたものです。口さえ開けばバカばっかり言い合ってました。
20140114144537e7c.jpg

 信太山方面にもそんな乗りで、たまに足を運びました。職場の先輩に誘われて行ったのが最初だったと思います。
 ここは女性の目にも触れるのであまり詳しくは書きませんが、目的は下の写真を見れば、解る人ならすぐにピンとくるかと…。職場の付き合いで仕方なく、などと善人ぶるつもりはありません。渋々どころか、当時はその手のお誘いに満更でもなかったのです。若気の至りというやつです。三年半で三回くらい行ったでしょうか…行きはヨイヨイ帰りは虚しさの極み、というやつを身を持って勉強させてもらいました。
201401141446126dd.jpg

 マラソン大会終了後、信太山駅まで戻ってきて、遅い昼飯を食べるために駅周辺をぶらぶらと歩きました。なかなかこれといった店が見つからず、ふと気がつくと、なんだか見覚えのある一角に来ていました。
 駅から北へ五分ばかり…意外に近かったんだと少し驚きました。当時は夜に反対方向からクルマで来ていましたから、なんだか幻でも見ているような気持ちでした。
 佇まいはあの頃と、ほとんど変わっていないような気がします。一種独特の風情はもう当時のままです。
 通りの奥の方からこちらに向かってきた若い男性と、ふと目が合ってしまい、私の方まで気まずくなり、写真だけ撮影して足早にその場を離れました。昼間だったせいか、他に人影は皆無でした。

 今ではもう「おごり」といわれても行く気にはなりませんね。それだけ歳を食ったことが嬉しくもあり、寂しくもあり、複雑な心境です。
 当時の仲間たちとはその後、異動やら何やらで離れてしまい、今ではすっかり音信不通です。皆どこかで元気にやっているのかなあ…。ともあれ、あれからもう二十年、良いことも悪いこともすべては懐かしい思い出です。
スポンサーサイト
| comments(0) | trackbacks(0) | page top |


この記事のトラックバックURL:
http://masahashi.blog.fc2.com/tb.php/67-8cc4f55c
<< NEW | TOP | OLD>>